Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Office連携 » Word VBAでExcelファイルを開く

Word VBAでExcelファイルを開く

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word&Excel(バージョン2209 ビルド15629.20156 Microsoft Store)

「word エクセルを開くマクロ」
という検索キーワードでアクセスがありました。

Word VBAでExcelファイルを開くにはどのようなコードを書けばいいのかを調べていらしたのでしょうか。

[スポンサードリンク]

Excelファイルを開くWordマクロ

Cドライブのtempフォルダーにsample.xlsxファイルを用意しておいて、以下のWordマクロを実行してください。

Sub Exceファイルを開く()
On Error GoTo ErrHandl

 With CreateObject(Class:="Excel.Application")
  .Visible = True
  .Workbooks.Open "C:\temp\sample.xlsx"
 End With

Exit Sub
ErrHandl:
 Select Case Err.Number
  Case 1004
   MsgBox "指定されたExcelファイルが見つかりません。"
  Case Else
   MsgBox Err.Description & vbCrLf & Err.Number
 End Select
 Err.Clear
End Sub

CreateObject後は実質的にExcel VBA

VBAのCreateObject関数で

With CreateObject(Class:="Excel.Application")

Excel.Applicationを起動して参照を取得した後は、実質的にExcel VBAです。

Excel.ApplicationオブジェクトのVisibleプロパティにTrueを設定することでExcelを表示して、

With CreateObject(Class:="Excel.Application")
 .Visible = True

Excel.ApplicationオブジェクトのWorkbooksプロパティで取得した

With CreateObject(Class:="Excel.Application")
 .Visible = True
 .Workbooks.Open "C:\temp\sample.xlsx"

Excel.WorkbooksコレクションのOpenメソッドを使って

With CreateObject(Class:="Excel.Application")
 .Visible = True
 .Workbooks.Open "C:\temp\sample.xlsx"

Excelファイルを開いています。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Office連携 » Word VBAでExcelファイルを開く

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Office連携 » Word VBAでExcelファイルを開く

「Office連携」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.