Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » CurrentRegionプロパティ » CurrentRegionの先頭セルを取得する

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「VBA CurrentRegion 先頭」
という検索キーワードに気付きました。

RangeオブジェクトのCurrentRegionプロパティで取得したアクティブセル領域の、先頭のセル・最初のセルを取得するにはどのようなコードを書けばいいのかを探していたのでしょう。

[スポンサードリンク]

CurrentRegionの先頭セルを取得するサンプルマクロ

以下のようなSubプロシージャが参考になるでしょう。


Sub CurrentRegionの先頭セルを取得する()
 Dim rng As Range
 Set rng = ActiveCell.CurrentRegion(1)
 MsgBox rng.Address(False, False)
End Sub

サンプルマクロの解説

アクティブセル領域(Range.CurrentRegion)の先頭セルを表すRangeオブジェクトを取得しているのは、
  Set rng = ActiveCell.CurrentRegion(1)
の部分です。

これだけでは何が起きているかよくわからないので、
  MsgBox rng.Address(False, False)
と、RangeオブジェクトのAddressプロパティで、そのアドレスをメッセージボックスに表示しています。

コレクションから単独オブジェクトを取得するコード

開かれている全ブックを表すWorkbooksコレクションオブジェクトから、1番最初に開かれたブックを表す単独のWorkbookオブジェクトを取得するには、
  Workbooks(1)
というオブジェクト式(オブジェクトを取得するるコード)を利用します。

全ワークシートを表すWorksheetsコレクションオブジェクトから、1番左のワークシートを表す単独のWorksheetオブジェクトを取得するには
  Worksheets(1)
というオブジェクト式を利用します。

上記のSubプロシージャに登場する
  ActiveCell.CurrentRegion(1)
もこれらと仲間のコードです。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » CurrentRegionプロパティ » CurrentRegionの先頭セルを取得する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » CurrentRegionプロパティ » CurrentRegionの先頭セルを取得する

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.