Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 罫線・Borders » Borders.Itemに指定できるXlBordersIndex列挙に定義されている定数一覧

Borders.Itemに指定できるXlBordersIndex列挙に定義されている定数一覧

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003
Exce VBAで罫線を引く位置を指定するためには、XlBordersIndex列挙に定義された定数を指定します。
これに関して、ヘルプには以下のような記述があります。
使用できる定数は、XlBordersIndex クラスの定数 xlDiagonalDown、xlDiagonalUp、xlEdgeBottom、xlEdgeLeft、xlEdgeRight、xlEdgeTop、xlInsideHorizontal、xlInsideVertical のいずれかです。
[スポンサードリンク]

XlBordersIndex列挙に定義されている定数一覧

どの部分の罫線なのか、名前から推測できるものもあれば、わかりにくいものもありますので、値の昇順で一覧にしておきます。
定数 位置
xlDiagonalDown 5 個々のセルの右下がり斜線
xlDiagonalUp 6 個々のセルの右上がり斜線
xlEdgeLeft 7 セル範囲の最左端
xlEdgeTop 8 セル範囲の最上端
xlEdgeBottom 9 セル範囲の最下端
xlEdgeRight 10 セル範囲の最右端
xlInsideVertical 11 セル範囲の左右端以外の垂直境界線
xlInsideHorizontal 12 セル範囲の上下端以外の水平境界線
最終更新日時:2021-06-01 13:49

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 罫線・Borders » Borders.Itemに指定できるXlBordersIndex列挙に定義されている定数一覧

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 罫線・Borders » Borders.Itemに指定できるXlBordersIndex列挙に定義されている定数一覧

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.