Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » マクロにショートカットキーを割り当てる−Workbook_Open

マクロにショートカットキーを割り当てる−Workbook_Open

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

[マクロ]ダイアログを使ったマクロにショートカットキーを割り当てる方法をご紹介しました。

一つ二つのマクロならば、この方法で問題ないでしょうが、大量のマクロにショートカットキーを割り当てようとすると、かなり面倒です。

[スポンサードリンク]

たくさんのマクロにショートカットキーを割り当てるのなら、イベントプロシージャにショートカットキーを割り当てるコードを書いておくのが便利です。

▼操作手順:マクロにショートカットキーを割り当てる
シートの並べ替えを行うSortSheetsマクロに、[Ctrl]+[Shift]+[S]キーを、ショートカットキーを割り当てる例

Excelのメニュー[ツール]−[マクロ]−[Visual Basic Editor]をクリック
 ↓
Visual Basic Editorのプロジェクトエクスプローラで
 「ThisWorkbook」をダブルクリック
 ↓
「Workbook_Open」プロシージャを以下のように記述する
Private Sub Workbook_Open()
 Application.OnKey "+^S", "SortSheets"
End Sub
 ↓
Visual Basic Editorを終了

Application.OnKeyメソッドの第1引数にキーを表す文字列を指定し、第2引数に実行したいプロシージャ名を指定します。

「+^S」の
「+」が[Shift]キー
「^」が[Ctrl]キー
を表し、
「+^S」で[Ctrl]+[Shift]+[S]キー
を意味することになります。

キーの指定方法については、OnKeyメソッドのヘルプに詳細に記述されています。

なお、[XL2002]マクロに割り当てられたショートカットキーからマクロが実行されない(KB436183)という不具合もあるようです。IMEをかな入力で利用してらっしゃる方はご注意ください。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » マクロにショートカットキーを割り当てる−Workbook_Open

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » マクロにショートカットキーを割り当てる−Workbook_Open

「イベントプロシージャ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.