Home » Excel(エクセル)の使い方 » 名前 » セルに名前をつける

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

セルやセル範囲に名前をつけることができ、その名前を使って数式が記述できるというのは、中級レベルの方はご存知だと思います。

[スポンサードリンク]

実務では以下の操作をされる方が多いでしょうか。

▼操作方法 : セルに名前を付ける
名前をつけたいセルを選択
 ↓
[名前ボックス]に名前を入力して[Enter]キーを押す
Microsoft Office Specialist試験向けに勉強した方は、メニューから名前をつける方が馴染み深いかもしれません。
▼操作手順 : セルに名前を付ける
名前をつけたいセルを選択
 ↓
メニュー[挿入]−[名前]−[定義]をクリック
 ↓
[名前の定義]ダイアログ−[名前]欄に名前を入力し、[OK]ボタンを押す
[名前の定義]ダイアログは、ショートカットキー[Ctrl]+[F3]でも表示できます。

複雑な数式がセル範囲を使って記述されていると解読しにくいが、適切に定義された名前を使った数式は読みやすい。
参照するセル範囲が広い場合、ドラッグ操作だと面倒だが名前を使えば数式の入力が楽。
...といったメリットがあると参考書には書かれているようですが、なんでもかんでもセル名を定義すればいいなんてことは勿論ありません。

どういう場合に名前をつけるのか、というルールをしっかり決めておかないと、実務では混乱するはずです。

上記のような、数式が読みやすくなる、ドラッグ操作より数式入力が楽、といった理由だけならば名前の定義はしない方がいいんじゃないかと私は思っています。見解のわかれるところでしょうが。
名前を定義しないと処理できない、名前を定義すると保守性が向上するというような場合に名前をつけるといいんじゃないかと考えています。

具体的にどんな場合かというのは、また追々。

定義した名前は数式の入力時に手入力してもいいですし、タイプミスする可能性が高いならば、[F3]キーを押すと[名前の貼り付け]ダイアログが表示されますから、このダイアログから貼り付けましょう。

関連語句
セルの名前
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 名前 » セルに名前をつける

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 名前 » セルに名前をつける

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.