Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » セクション » PowerPoint VBAでセクションが存在するかを判定する

PowerPoint VBAでセクションが存在するかを判定する

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit PowerPoint(バージョン2003 ビルド12624.20466 Microsoft Store)

「ppt vba セクション 存在」
といった検索キーワードで、アクセスがありました。

プレゼンテーションファイル内にセクションが存在するかどうかを確認するには、PowerPoint VBAでどのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

セクションが存在するか判定するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを参考にしてください。

Sub セクションの存在を判定する()
 If ActivePresentation.SectionProperties.Count <> 0 Then
  MsgBox "セクションが存在します。"
 Else
  MsgBox "セクションは存在しません。"
 End If
End Sub

サンプルで利用しているコードについて

セクションに関するプロパティやメソッドを持つSectionPropertiesオブジェクトのCountプロパティが0ならば、

セクションが存在していないと判定できます。

SectionPropertiesオブジェクトを取得するために、Presentationオブジェクトに用意されているSectionPropertiesプロパティを利用しています。

SectionPropertiesはコレクションではない

拙著『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』では、PowerPoint VBAのもっとも基本的な階層構造
  Presentationsコレクション/Presentationオブジェクト
   └ Slidesコレクション/Slideオブジェクト
      └ Shapesコレクション/Shapeオブジェクト
について、しつこく解説しています。

この記事でご紹介しているSectionPropertiesオブジェクトもコレクションで、「SectionProperty」という個々のセクションを表すオブジェクトが存在すると、うっかり考えてしまう方がいるかもしれませんが、そうではありません。

もしもSectionPropertyオブジェクトが存在するのならば、オブジェクトブラウザーのクラスペインでSectionPropertiesの下にSectionPropertyが表示されているはずですが、

そんなオブジェクトは見当たりません。

SectionPropertiesオブジェクトには、単独のオブジェクトを取得するためのItemメソッドも用意されていません。SectionPropertiesオブジェクトはコレクションではないことを強く意識してください。

最終更新日時:2020-08-11 17:32

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » セクション » PowerPoint VBAでセクションが存在するかを判定する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » セクション » PowerPoint VBAでセクションが存在するかを判定する

「セクション」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.