Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 定義された名前 » 定義された名前の数を取得-Names.Countプロパティ

定義された名前の数を取得-Names.Countプロパティ

対象:Excel 2010, Excel 2013, Windows版Excel 2016

「vba 定義された名前の数」
という検索でアクセスがあることに気づきました。

定義された名前の数は、NamesコレクションオブジェクトのCountプロパティで、

Names.Count

取得できます。

そしてNamesコレクションオブジェクトの取得方法によって、シートで定義されている名前の数か、ブックで定義されている名前の数を取得できます。

[スポンサードリンク]

アクティブシートで定義された名前の数を取得するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブシート上の、定義された名前の数がメッセージボックスに表示されます。


Sub 定義された名前の数_アクティブシート()
 MsgBox ActiveSheet.Names.Count
End Sub

WorksheetオブジェクトのNamesプロパティで、Namesコレクションオブジェクトを取得すると、

Worksheet.Names

指定されたワークシート上の、定義された名前を表すNameオブジェクトを単独のオブジェクトとして持つ、Namesコレクションオブジェクトが取得できます。

Worksheetオブジェクトを取得する式を変更して、「Worksheets(1).Names.Count」とすれば、実行時に一番左にあるワークシート上で定義されている名前を取得できます。

アクティブブックで定義された名前の数を取得するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブブック上の、定義された名前の数がメッセージボックスに表示されます。


Sub 定義された名前の数_アクティブブック()
 MsgBox ActiveWorkbook.Names.Count
End Sub

WorkbookオブジェクトのNamesプロパティで、Namesコレクションオブジェクトを取得すると、

Workbook.Names

指定されたブック全体の定義された名前の数を取得できます。

Namesプロパティはグローバルメンバー

Namesプロパティは上位のオブジェクト式を省略できるグローバルメンバーです。

グローバルメンバーのNames

上位のオブジェクト式を省略した、
  MsgBox Names.Count
を実行した場合は、
  MsgBox ActiveWorkbook.Names.Count
と同じく、アクティブなブック上の定義された名前の数がメッセージボックスに表示されます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 定義された名前 » 定義された名前の数を取得-Names.Countプロパティ

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 定義された名前 » 定義された名前の数を取得-Names.Countプロパティ

「定義された名前」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.