Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » 用紙サイズを取得するWordマクロ

用紙サイズを取得するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

用紙サイズを取得するWordマクロ

「word vba 用紙サイズを参照」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

用紙のサイズを取得する、Word VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

用紙サイズを取得するサンプルマクロ

参考になりそうなシンプルなマクロをご紹介しておきましょう。


Sub 用紙サイズを取得する()

 With ActiveDocument.PageSetup
  MsgBox _
   PointsToCentimeters(.PageWidth) & vbCrLf & _
   PointsToCentimeters(.PageHeight)
 End With

End Sub

上記のマクロを実行すると、アクティブな文書の、用紙の横幅と高さがメッセージボックスに表示されます。

サンプルマクロの解説

Word VBAでは、PageSetupオブジェクトの、PageWidthプロパティで用紙の横幅を、

用紙サイズを取得するWordマクロ

PageHeightプロパティで用紙の高さをそれぞれ取得できます。

用紙サイズを取得するWordマクロ

但し、PageWidthプロパティ・PageHeightプロパティで取得できる横幅・高さの単位は、ポイントです。

日本語環境でご利用の方の場合、単位はポイントよりセンチメートルのほうが扱いやすでしょうから、PointsToCentimeters関数で単位をセンチメートルに変換して、

用紙サイズを取得するWordマクロ

値をメッセージボックスに表示しています。
  MsgBox _
   PointsToCentimeters(.PageWidth) & vbCrLf & _
   PointsToCentimeters(.PageHeight)

ちなみに、上図のとおりPointsToCentimeters関数はVBA標準の関数ではなく、Word VBAに用意されている関数ですから、Excel VBAやPowerPoint VBAでは直接使うことができません。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » 用紙サイズを取得するWordマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » 用紙サイズを取得するWordマクロ

「ページ設定・PageSetup」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.