インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

VBAで特定シートのみ再計算する

「vba 特定のシート 再計算」
「excel vba 現在のシートのみ再計算」
「アクティブシートのみさいけいs再計算マクロ」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、特定のワークシートのみ再計算を行うには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

VBA(Visual Basic for Applications)のFormat関数を使うと、日付データの日付部分を2桁の書式にした文字列を取得できることをご紹介しました。

「Format(ActiveCell.Value, "dd")」といったコードで、アクティブセルに入力されている日付データの日付部分だけをdd形式の2桁の文字列として取得できますが、この2桁の文字列をセルに代入する場合、考えるべきことが増えます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「エクセル2010 vba シート全体のフォントを変えたい」
「マクロ シート全体 フォント指定」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

ワークシート全体のフォントをExcel VBA(Visual Basic for Applications)から変更するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索キーワードです。

「エクセルマクロ シート全体で文字の大きさを指定」
といった検索キーワードも見かけます。

こちらはシート全体のフォントサイズを変更する方法を探していらした検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

シート上にコメントがあるかを調べるExcelマクロ

「vba セルのコメントがあるか確認」
「vba セルのコメント有無チェック」
という検索キーワードをキッカケにして、Range.CommentプロパティやRange.NoteTextメソッドで、セルコメントの有無を調べられることをご紹介しました。

個々のセルにコメントが存在するかどうかではなく、シート上にコメントが存在するかどうか判定したいということもあるでしょう。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

このサイト・インストラクターのネタ帳のアクセスログを眺めていて、
「vba セルのコメントがあるか確認」
「vba セルのコメント有無チェック」
という検索キーワードでのアクセスに気づきました。

セルにコメントが存在するかどうかを、Excel VBA(Visual Basic for Applications)で判定するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索でしょうか。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Findメソッドの戻り値は?

「cells.find 戻り値」
「エクセル vba find 戻り」
「エクセル マクロ find 返値」
といった検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)でセルを検索する際に利用する、RangeオブジェクトのFindメソッドの戻り値(返り値)が、何なのかを調べていた方による検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel vba 和暦 年 取得」
「excel vba 元号の 年 取得」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、西暦年ではなく、平成〇年・昭和〇年のように元号を使った年表記を行うにはどうすればいいのか、探していた方による検索キーワードです。

「excel vba format 和暦 元号 アルファベット」
という検索は、より具体的に元号を「H」や「S」などのアルファベットで表記する方法を、探していらしたのでしょう。

続きを読む

URLの変更に引き続いて、5月10日にレスポンシブ対応を行いました。

2011年7月からのスマホ対応

このサイト・インストラクターのネタ帳では、2011年7月にAMNさんに便宜を図っていただいたサーバーへ引っ越したときに、スマホ・ガラケー対応を行っていました。

PC向けとは別に、スマホ・ガラケー用テンプレートを用意しておいて、Movable Typeのリビルドでは3種類のHTMMファイルを出力し、サーバーの設定でアクセスしたクライアントに応じて表示するページを切り替えるという方式でした。

スマホやガラケーには、ファイルサイズの小さいHTMLファイル・画像ファイルを送信する、まぁ正しい対応方法でしたが、テンプレート等の管理が煩雑になり、私としてはそこに注力したくないという気持ちも。。

URL変更にあわせて、従来のスマホ・ガラケー用ファイルを用意する形での対応をやめ、スマホからのアクセスには、レスポンシブデザインで対応することにしました。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

FormatConditionsコレクションオブジェクトのAddメソッドを使って、Excel VBAから条件付き書式を設定する場合、引数・Typeで条件付き書式の種類を指定できます。

条件付き書式の種類・FormatConditions.Addに指定できる定数一覧

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba currentregion 座標を取得」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

「座標」と表現されていますが、セル番地・セルアドレスのことでしょうか。

「currentregion 範囲 確認」
という検索キーワードも、同じことを探していらしたのでしょう。

続きを読む

人気の一覧系記事 ▼

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.