インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

このサイト『インストラクターのネタ帳』のアクセスログを眺めていて
「powerpoint slide background.fill」
といった検索キーワードに気付きました。

VBAからスライド背景の書式設定を行うコードについて調べていらしたのでしょう。

続きを読む

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「エクセル セル結合 解除 同じ値入力 マクロ」
「vba 結合セル 解除 同じ値」
という検索でこのサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

結合されたセルが存在するワークシートをデータベースとして活用するには、まずセル結合を解除して、解除された各セルに同じ値を入力する必要があります。

続きを読む

[スポンサードリンク]
対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

2重ループを難しいと感じたら変数名の「i」「j」をやめよう

いちばんやさしいExcel VBAの教本』で削った、2重構造のFor~Next文についてご紹介しました。

プログラミングに慣れている方の場合、こういった2重のFor~Next文では、変数名を「i」と「j」にすることが少なくありません。

が、拙著ではじめてプログラミングを学習する方の場合、2重ループの変数名にi・jを使うことは、おすすめしません。

続きを読む

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

WorksheetオブジェクトにUsedRangeという名前の、使いようによっては便利ですけれど、いまいち仕様のわかり辛いプロパティがあります。

このサイト『インストラクターのネタ帳』のアクセスログでも、
「excel2013 vba usedrangeとは」
といった検索キーワードを見かけます。

続きを読む

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba シートコピーで作ったbook名を取得」
という検索キーワードに気付きました。

WorksheetオブジェクトのCopyメソッドに、

Worksheet.Copyメソッド

引数を指定しない場合、新規にブックが作成され、作成された新規ブックにシートがコピーされます。

続きを読む

対象:Excel 2010, Excel 2013, Windows版Excel 2016

「vba borderaround 消す」
という、興味深い検索キーワードでのアクセスがありました。

外枠罫線を引くサンプルマクロ

RangeオブジェクトのBorderAroundメソッドを使うと、

セル範囲の外枠罫線を簡単に引くことができます。

続きを読む

[スポンサードリンク]
対象:PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

「ppt vba .entryeffect 数値で指定」
という検索で、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

Excel VBAなどから、PowerPointファイルの画面切り替え効果などの設定変更を行うコードについて調べていた方による検索かな、と想像しています。

続きを読む

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

セキュリティ設定を確認しておこう

拙著『いちばんやさしいExcel VBAの教本』の、Lesson 05「Excelでマクロを利用する準備をしましょう」で、[開発]タブ-[マクロのセキュリティ]ボタンから、[セキュリティセンター]ダイアログを表示して、マクロのセキュリティ設定を確認する操作を解説しています。

[開発]タブ-[マクロのセキュリティ]ボタンから表示するほうが簡単ですけれど、他にも[セキュリティセンター]ダイアログを表示する操作手順がありますので、お伝えしておきます。

続きを読む

対象:Excel 2010, Excel 2013, Windows版Excel 2016

このサイト『インストラクターのネタ帳』のアクセスログを眺めていて、
「vba .sortfields.clear とは」
「マクロ 意味 sort.sortfields.clear」
という検索キーワードでのアクセスに気付きました。

Excel VBAで並べ替えを行うコードには必ずと言っていいほど、SortFieldsコレクションオブジェクトのClearメソッドを使ったコードが登場します。

オブジェクトブラウザー:SortFields.Clear

このSortFields.Clearが、何のために必要なのかを調べていらしたのでしょう。

続きを読む

対象:Excel 2010, Excel 2013, Windows版Excel 2016

「autofilter vba 名前付き引数」
という検索キーワードでアクセスがあることに気付きました。

AutoFilterプロパティとAutoFilterメソッドはまったく違う

オブジェクトブラウザーで、右クリックして表示されるショートカットメニューで[完全に一致する単語だけを検索]オプションをOnにしてから、「autofilter」を完全一致検索すると、

オブジェクトブラウザー:autofilter

上図のとおりAutoFilterオブジェクトが存在していること、ListObjectオブジェクトとWorksheetオブジェクトにAutoFilterプロパティ、RangeオブジェクトにAutoFilterメソッドがそれぞれ用意されていることがわかります。

続きを読む

[スポンサードリンク]

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.