インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

下図のような階層の深さがまちまちな、フォルダーの一覧を作りたいというシーンに出くわしました。

再帰処理でフォルダー一覧を作成するExcelマクロ

こういうときは再帰処理です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「countlarge 使い方」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)の、Range.CountLargeプロパティは、

Range.CountLargeプロパティとは

どう使うのか、何に使うものなのかを調べていた方による検索でしょう。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

このサイト・インストラクターのネタ帳のアクセスログを眺めていて、
「vba 選択しているセルがテーブルかを取得 excel」
という検索キーワードに気づきました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、選択されているセルが、テーブル(ListObjectオブジェクト)に含まれているかどうかを調べる方法を探していた方による検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel vba アクティブセルの行を選択」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

アクティブなセルの、行全体を選択するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba 選択セル 取得」
「excel vba 選択中のセル 取得」
「vba 選択されている全てのセルを取得」
といった検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、選択されているすべてのセルを表すRangeオブジェクトを取得するコードを探していた方による検索です。

WindowオブジェクトのRangeSelectionプロパティを利用するのが、

Window.RangeSelectionで選択されているセルを取得する

ひとつの方法です。

続きを読む

Excel VBA講座 オブジェクト式解説編

VBAの経験がある方に向けたセミナー『ExcelVBA講座 オブジェクト式解説編』を2017年7月22日(土)に開催いたします。

Excel VBA講座 オブジェクト式解説編 とは

「オブジェクト型変数が、よくわかりません」
「With文って、なんだか苦手です」
「ヘルプで必要な情報を、なかなかみつけられません」
これらの課題は、オブジェクト式(オブジェクトを指定・特定する記述)の文法を、理解できていないときに生じるものです。

VBAのオブジェクト式には、明確な文法が存在します。
ですが、文字だけで解説することは容易でないことが原因なのか、オブジェクト式の文法について日本語でまとめて記載されているExcel VBA関連書籍は、ほとんど存在していません。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba is演算子 否定」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

VBA(Visual Basic for Applications)で、比較演算子のひとつIs演算子の否定は、どう書けばいいのかを探していた方による検索キーワードです。

続きを読む

対象:Visual Basic Editor

「vbe オブジェクトブラウザー _defaultが表示されない」
という検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

コレクションオブジェクトの既定メンバーは本来、ItemメソッドかItemプロパティなのですが、Excel VBA(Visual Basic for Applications)の場合は、_Defaultプロパティまたは_Defaultメソッドになっていることが少なくありません。

続きを読む

VBA(Visual Basic for Applications)のDir関数の第2引数に、定数・vbDirectoryを指定すれば、フォルダーが存在するかどうかを調べられます。

フォルダー有無の確認をFileSystemObjectオブジェクトを使って行いたい、という要望をいただくこともあります。

このサイト・インストラクターのネタ帳のアクセスログにも、
「vba fso フォルダがあるか調べる」
「filesystemobject フォルダ有無」
といった検索キーワードが見られます。

FileSystemObject.FolderExistsメソッドでフォルダーの有無を確認できる

FileSystemObjectオブジェクトにはFolderExistsという、

フォルダーの有無をFileSystemObjectで確認する

名前どおりフォルダーの有無を調べられるメソッドがあります。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Excel VBA(Visual Basic for Applications)の、RowsプロパティとRowプロパティについてご紹介しました。

同じような件で、EitreRowプロパティとRowプロパティの違いについて疑問を感じる方もいらっしゃるようです。

このサイト・インストラクターのネタ帳のログを眺めていても、
「entirerow row 違い」
といった検索によるアクセスを見かけます。

続きを読む

人気の一覧系記事 ▼