Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » Word VBAでページ設定を表すPageSetupオブジェクトを取得する

Word VBAでページ設定を表すPageSetupオブジェクトを取得する

対象:Word2007, Word2010, Word2013, Windows版Word2016

このサイト・インストラクターのネタ帳のアクセスログを眺めていて、
「word vba ページ設定 取得」
という検索キーワードに気づきました。

ページ設定を表すオブジェクトはPageSetup

Word VBAから[ページ設定]を操作するには、

Word VBAでページ設定を表すPageSetupオブジェクトを取得する

PageSetupオブジェクトを利用します。

[スポンサードリンク]

ですから、
「word vba ページ設定 取得」
という検索キーワードを杓子定規に解釈するなら、WordのPageSetupオブジェクトを取得するコードを探していたということになります。

ですが、[ページ設定]ダイアログにたくさんの設定項目があるのと同じように、PageSetupオブジェクトにもたくさんのプロパティがあり、
「word vba ページ設定 取得」
と検索なさった方は、本当はそのどれかを取得したかったのではないかと想像しています。


PageSetupオブジェクトをローカルウィンドウで確認する

本当にPageSetupオブジェクトを取得するのであれば、以下のSubプロシージャが参考になるでしょう。


Sub PageSetupオブジェクトを確認する()
 Dim ps As PageSetup

 Set ps = ActiveDocument.PageSetup
 Stop
End Sub

上記のSubプロシージャを実行すると、Stopステートメントでステップ実行モードになります。

その状態でメニュー[表示]-[ローカルウィンドウ]からローカルウィンドウを表示して、PageSetupオブジェクトからどのような情報を取得できるか、

Word VBAでページ設定を表すPageSetupオブジェクトを取得する

覗いてみてください。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » Word VBAでページ設定を表すPageSetupオブジェクトを取得する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » Word VBAでページ設定を表すPageSetupオブジェクトを取得する

「ページ設定・PageSetup」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.