Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » VBA関数 » VBAでシリアル値を確認する-CDbl関数

VBAでシリアル値を確認する-CDbl関数

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010, Excel2013

「excel vba 日付 シリアル値 現在」
という検索でこのサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、現在のシリアル値を確認する方法を探している方による検索でしょうか。

[スポンサードリンク]

この検索キーワードだけでは、具体的に何がしたいのかがわかりませんので、参考になりそうなサンプルマクロをご紹介しておきます。


Sub シリアル値をイミディエイトウィンドウで確認する()

 Debug.Print "日付 ="; CDbl(Date)
 Debug.Print "時刻 ="; CDbl(Time)
 Debug.Print "現在 ="; CDbl(Now)

End Sub

VBE(Visual Basic Editor)でイミディエイトウィンドウを表示して上記のマクロを実行すると、
 日付 = 41724
 時刻 = 0.478113425925926
 現在 = 41724.4781134259
といった出力が行われます。

VBAでシリアル値を確認する

この「=」の右側がシリアル値です。

CDbl関数は型変換関数の一つで、倍精度浮動小数点型にしてくれます。

Date関数は今日の日付を返す関数
Time関数は現在の時刻だけを返す関数
Now関数は現在の日時を返す関数です。

この、Date・Time・Now関数をCDbl関数の引数に指定することで、今日の日付・現在の時刻・現在の日時を、小数点以下も含んだ数値で出力しているのが上記のマクロです。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » VBA関数 » VBAでシリアル値を確認する-CDbl関数

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » VBA関数 » VBAでシリアル値を確認する-CDbl関数

「VBA関数」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.