Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » VBA関数 » VBAで前日の日付を取得する-DateAdd関数

VBAで前日の日付を取得する-DateAdd関数

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010, Excel2013

VBAで前日の日付を取得する-DateAdd関数

「vba 前日の日付 取得」
「excel 2010 前日日付 取得 マクロ」
という検索で、このブログ・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあるのに気付きました。

前日の日付を取得する、VBA(Visual Basic for Applications)のコード・マクロを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

前日の日付を取得するサンプルマクロ

参考になりそうなサンプルマクロをご紹介しておきましょう。


Sub アクティブセルに今日の前日の日付を入力する()

 ActiveCell.Value = DateAdd("d", -1, Date)

End Sub

上記のマクロを実行すると、アクティブセルに、今日の前の日の日付データが入力されます。

DateAdd関数の引数

指定された時間間隔の加算された日付を返すDateAdd関数を使っています。

第1引数には、追加する時間間隔を表す文字列式を指定します。

上記の例では「"d"」が指定されているので日が加算されます。

第2引数には、追加する時間間隔を表す数値を指定します。将来の日付を取得するに場合は正の数・プラスの数値を、過去の日時を取得するには負の数・マイナスの数値を指定します。

上記の例では前日なので「-1」を指定しています。

第3引数には基準となる日付を指定します。

上記の例では、VBAで今日の日付を取得するDate関数を指定しています。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » VBA関数 » VBAで前日の日付を取得する-DateAdd関数

TrackBack:1

TrackBack URL
Google Apps Scriptで1日加算した日付・翌日の日付を入力する from インストラクターのネタ帳
Googleスプレッドシートのセルに入力された日付の、翌日・1日加算した日付を右隣のセルに入力する、GAS(Google Apps Script)スクリプ...
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » VBA関数 » VBAで前日の日付を取得する-DateAdd関数

「VBA関数」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.