Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » 新しいウィンドウを開き並べて表示するExcelマクロ

新しいウィンドウを開き並べて表示するExcelマクロ

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

同じブックに含まれる別のシートを並べて表示する操作は、実務では結構便利です。

便利なのですが、頻繁にこの操作を行う場合、もう少し簡単に操作できないかと感じます。

新しいウィンドウを開き→並べて表示する指示を出し→どう並べるかを指定する、という手順を面倒に感じるからです。

そう感じた方によるものでしょうか、
「エクセルvba ウィンドウ 同一ブック 並べて表示」
という検索キーワードに気づきました。

参考になりそうなExcelマクロをご紹介しましょう。

[スポンサードリンク]

アクティブブックの新しいウィンドウを開き並べて表示するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブなブックの新しいウィンドウが開かれ、並べて表示が行われます。


Sub アクティブブックの新しいウィンドウを開き並べて表示する()
 With ActiveWorkbook
  .NewWindow
  .Windows.Arrange xlArrangeStyleTiled
 End With
End Sub

サンプルマクロで利用しているオブジェクト式について

ActiveWorkbookプロパティで取得した、アクティブなブックを表すWorkbookオブジェクトの、
 With ActiveWorkbook

NewWindowメソッドで、
  .NewWindow

新しいウィンドウを開き並べて表示するExcelマクロ

アクティブブックの新しいウィンドウを開きます。

その後、アクティブなWorkbookオブジェクトのWindowsプロパティで、アクティブブックの全ウィンドウを表すWindowsコレクションオブジェクトを取得して、
  .Windows.Arrange xlArrangeStyleTiled

Arrangeメソッドで並べて表示を行っています。
  .Windows.Arrange xlArrangeStyleTiled

新しいウィンドウを開き並べて表示するExcelマクロ

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » 新しいウィンドウを開き並べて表示するExcelマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » 新しいウィンドウを開き並べて表示するExcelマクロ

「Windowオブジェクト」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.