Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » VBAで複数シートが選択されているかどうか確認する

VBAで複数シートが選択されているかどうか確認する

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「vba 複数シート選択されているかどうかの確認」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excelで、1枚のシートが選択されているのか、複数のシートが選択されているのかを調べる、VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

参考になりそうな簡単なマクロをご紹介しておきましょう。

[スポンサードリンク]

複数シートが選択されているかを確認するサンプルマクロ

以下のマクロを実行したときに、1枚のシートが選択されていれば「1枚のシートが選択されています。」、複数シートが選択されていれば「複数のシートが選択されています。」というメッセージがそれぞれ表示されます。


Sub 複数シートが選択されているかを確認する()
 If ActiveWindow.SelectedSheets.Count = 1 Then
  MsgBox "1枚のシートが選択されています。"
 Else
  MsgBox "複数のシートが選択されています。"
 End If
End Sub

サンプルマクロの解説

WindowオブジェクトのSelectedSheetsプロパティで、選択されているシートを表すSheetsコレクションオブジェクトを取得することができます。

VBAで複数シートが選択されているかどうか確認する

そのWindowオブジェクトのSelectedSheetsプロパティで取得したSeetsコレクションオブジェクトに含まれる、単一オブジェクトの数を取得するCountプロパティで、何枚のシートが選択されているのかを調べて、

VBAで複数シートが選択されているかどうか確認する

複数のシートが選択されているのかどうかの判定を行っています。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » VBAで複数シートが選択されているかどうか確認する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » VBAで複数シートが選択されているかどうか確認する

「Windowオブジェクト」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.