Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ListObjectオブジェクト » ListObject・テーブルの見出し行を取得するExcelマクロ

ListObject・テーブルの見出し行を取得するExcelマクロ

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「vba listobjects 見出し行」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、テーブルの見出し行に対して何らかの処理を行うのにどのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索でしょうか。

「vba listobjects 見出し行」
という検索キーワードだけでは詳細がわかりませんので、ここでは参考になりそうなテーブルの見出し行を取得するサンプルマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

テーブルの見出し行を取得するサンプルマクロ

以下のコードを実行すると、アクティブシートの1つ目のテーブルの、
 見出し行のアドレス
 見出し行の行番号
がそれぞれメッセージボックスに表示されたあとに、見出し行が選択されます。


Sub テーブルの見出し行を取得する()

 With ActiveSheet.ListObjects(1).HeaderRowRange
  MsgBox .Address(False, False)
  MsgBox .Row
  .Select
 End With

End Sub

サンプルマクロの解説

上記のマクロで利用しているオブジェクトモデルの階層関係は下図のとおりです。

テーブルの見出し行を取得するExcelマクロ

ListObjectsコレクションオブジェクトの単一メンバーである、ListObjectオブジェクトのHeaderRowRangeプロパティで、見出し行を取得できます。

注目すべきは、ListObject.HeaderRowRangeプロパティで返されるのは、Excel VBAを使い慣れた方にはお馴染みの、Rangeオブジェクトであるということでしょう。

テーブルの見出し行を取得するExcelマクロ

上記のマクロでは、RangeオブジェクトのAddressプロパティを使ってセルのアドレスを取得して、
  MsgBox .Address(False, False)

RangeオブジェクトのRowプロパティを使って行番号を取得して、
  MsgBox .Row

RangeオブジェクトのSelectメソッドで選択を行っています。
  .Select

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ListObjectオブジェクト » ListObject・テーブルの見出し行を取得するExcelマクロ

TrackBack:1

TrackBack URL
ListObject・テーブルの1行目を取得するExcelマクロ from インストラクターのネタ帳
Excel(エクセル)でテーブル(ListObject)のデータの1行目を取得するVBA(Visual Basic for Applications)のサ...
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ListObjectオブジェクト » ListObject・テーブルの見出し行を取得するExcelマクロ

「ListObjectオブジェクト」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.