Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 行・列を表すRange » ColumnsとColumnの違い

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Excel VBA(Visual Basic for Applications)の、RowsとRowの違いについて記事を書きました。

同じようなことで、ColumnsとColumnの違いを疑問に感じる方もいらっしゃいます。

「columns column 違い vba」
という検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスも、やっぱりあります。

ColumnプロパティとColumnsプロパティの違い

結論からいうと、
 Column
   列番号を表す整数を返すプロパティ
 Columns
   を表すRangeオブジェクトを返すプロパティ
です。

Rowプロパティが行番号を返し、Rowsプロパティが行を表すRangeオブジェクトを返すのと同じ関係です。

[スポンサードリンク]

ColumnとColumnsの違いをオブジェクトブウラウザーで確認する

オブジェクトブラウザーで、RangeオブジェクトのColumnプロパティの詳細ペインを確認すると、下図のように「As Long」と整数を返すことが明記され、

ColumnsとColumnの違い

ApplicationオブジェクトのColumnsプロパティの詳細ペインを確認すると、下図のように「As Range」とRangeオブジェクトを返すことが明記されています。

ColumnsとColumnの違い

書かれるオブジェクト式の特徴

ColumnsプロパティはRangeオブジェクトを返すプロパティですから、「Columns」の直後にはRangeオブジェクトに用意されているプロパティが続くことがよくあります。

これに対してColumnプロパティは、整数値を返しますから「.Column」の直後にオブジェクト式が続くことはあり得ません。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 行・列を表すRange » ColumnsとColumnの違い

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 行・列を表すRange » ColumnsとColumnの違い

「行・列を表すRange」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.