Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Selection.Countで選択セル数を取得

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel vba 選択したセルの数」
「excel vba 選択範囲のセル数カウント」
といった検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

選択されているセルの数を取得する、Excel VBAのコードを探していらしたのでしょう。

「vba 選択セル アイテム数をかぞえる」
という検索キーワードも、同じかもしれません。

[スポンサードリンク]

選択されているセルの数を取得するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、選択されているセルの数がメッセージボックスに表示されます。


Sub 選択セル数を取得する()
 MsgBox Selection.Count
End Sub

Selectionプロパティは選択対象によって返すオブジェクトが変化する

マクロ記録を利用している方にはおなじみの、「Selection.〇〇」といったコードで使われる「Selection」は、選択されているものによって返すオブジェクトが変わるプロパティです。

VBAで選択セル数の取得

そのためオブジェクトブラウザーの詳細ペインに「As Object」と明示されています。

で、セルが選択されている場合、SelectionプロパティはRangeオブジェクトを返します。

VBAで選択セル数の取得

Selection.Countはセルが選択されている場合Range.Count

ですから、セルが選択されている場合「Selection.Count」は、RangeオブジェクトのCountプロパティが呼ばれていることになります。

VBAで選択セル数の取得

RangeオブジェクトのCountプロパティの戻り値を、MsgBox関数の引き数に指定しているのが、上記マクロの、
  MsgBox Selection.Count
というステートメントです。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Selection.Countで選択セル数を取得

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Selection.Countで選択セル数を取得

「ExcelVBA Rangeオブジェクト」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.