Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Empty値か判定する

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Empty値か判定する

「vba emptyでない」
「マクロ 空ではない判定 empty」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

[スポンサードリンク]

Emptyかどうかを判定するサンプルマクロ

以下のようなSubプロシージャで、Variant型の変数・varがEmpty値かどうかを判定できます。


Sub Emptyかどうかを判定する_IsEmpty関数()
 Dim var As Variant

 var = ActiveCell.Value
 If IsEmpty(var) Then
  MsgBox "Emptyです!"
 Else
  MsgBox "Emptyではありません。"
 End If
End Sub

VBAのIsEmpty関数を使えば、Empty値かどうかを判定できます。

Empty値か判定する

IsEmpty関数を使わずにEmptyかどうかを判定するサンプルマクロ

IsEmpty関数を使うことをおすすめしますが、VBAにはEmptyというキーワードが用意されているので、以下のような比較演算子を使った判定も可能です。


Sub Emptyかどうかを判定する()
 Dim var As Variant

 var = ActiveCell.Value
 If var = Empty Then
  MsgBox "Emptyです!"
 Else
  MsgBox "Emptyではありません。"
 End If
End Sub

Emptyでないことを判定するサンプルマクロ

上記2つのSubプロシージャのElse条件が、
「vba emptyでない」
「マクロ 空ではない判定 empty」
に該当するわけですが、Emptyでないという判定だけを行いたいのならば、Not演算子を組み合わせましょう。


Sub Emptyでないことを判定する_IsEmpty関数()
 Dim var As Variant

 var = ActiveCell.Value
 If Not IsEmpty(var) Then
  MsgBox "Emptyではありません。"
 End If
End Sub

関連語句
Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Empty値か判定する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Empty値か判定する

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.