Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Office連携 » Wordのバージョンとビルド番号を取得するExcelマクロ

Wordのバージョンとビルド番号を取得するExcelマクロ

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Wordのバージョンとビルド番号を取得するExcelマクロ

「excelマクロでwordのバージョンを application」
という検索キーワードに気づきました。

[スポンサードリンク]

Wordのバージョンとビルド番号を取得するExcelマクロ

特に、Office 365を利用していると、バージョンだけでなく、ビルド番号まで取得する必要があるように感じます。


Sub Wordのバージョンとビルド番号を取得する()
 With CreateObject("Word.Application")
  MsgBox .Version & vbCrLf & .Build
 End With
End Sub

上記のSubプロシージャを実行すると、Wordの、バージョンとビルド番号がメッセージボックスに表示されます。

Wordの、Applicationオブジェクトの、Versionプロパティと、

Wordのバージョンとビルド番号を取得するExcelマクロ

Buildプロパティを、

Wordのバージョンとビルド番号を取得するExcelマクロ

取得してメッセージボックスに表示しています。

オブジェクト変数を覗いてみましょう

「excelマクロでwordのバージョンを application」
という検索をなさった方は、Excel VBAからWordを操作した経験があまりないのでしょうから、以下のSubプロシージャを実行して、ローカルウィンドウでオブジェクト変数・wd_appの中身を覗いてみることをおすすめします。


Sub Wordのバージョンとビルド番号を取得する_オブジェクト変数利用()
 Dim wd_app As Object ' Word.Application

 Set wd_app = CreateObject("Word.Application")
 MsgBox wd_app.Version & vbCrLf & wd_app.Build
 Stop
 Set wd_app = Nothing
End Sub

関連語句
VBA
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Office連携 » Wordのバージョンとビルド番号を取得するExcelマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Office連携 » Wordのバージョンとビルド番号を取得するExcelマクロ

「Office連携」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.