Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Office連携 » CreateObject("Word.Application")で取得可能なデータをローカルウィンドウで確認する

CreateObject("Word.Application")で取得可能なデータをローカルウィンドウで確認する

「createobject("word.application" )で取得可能なもの項目名」
という検索キーワードを元にした、オブジェクトブラウザーについて記事を公開しています。

[スポンサードリンク]

ローカルウィンドウでオブジェクト変数の中身を確認するサンプルマクロ

Word.Applicationの持つプロパティで、具体的にどのようなデータを取得できるのかを見たいのならば、CreateObject関数の戻りをセットするオブジェクト変数の中身を、ローカルウィンドウで確認しましょう。

VBAを使えるアプリケーションなら、ExcelでもAccessでもどれでもいいので、以下のSubプロシージャを実行しましょう。


Sub test()
 Dim obj As Object
 Set obj = CreateObject("Word.Application")
 Stop
End Sub

上記のプロシージャを実行すると、Stopステートメントでステップ実行になりますから、メニュー[表示]-[ローカルウィンドウ]からローカルウィンドウを開きましょう。

オブジェクト変数・objの前の[+]をクリックして展開すると、

CreateObject("Word.Application")で取得可能なデータを確認する

下図のような状態になります。

CreateObject("Word.Application")で取得可能なデータを確認する

この[式]列に表示されているのが、WordのApplicationオブジェクトのプロパティの一部で、[値]列に表示されているのが、そのプロパティで取得できるデータです。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Office連携 » CreateObject("Word.Application")で取得可能なデータをローカルウィンドウで確認する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Office連携 » CreateObject("Word.Application")で取得可能なデータをローカルウィンドウで確認する

「Office連携」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.