Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 行・列を表すRange » EntireRowとRowの違い

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Excel VBA(Visual Basic for Applications)の、RowsプロパティとRowプロパティについてご紹介しました。

同じような件で、EitreRowプロパティとRowプロパティの違いについて疑問を感じる方もいらっしゃるようです。

このサイト・インストラクターのネタ帳のログを眺めていても、
「entirerow row 違い」
といった検索によるアクセスを見かけます。

[スポンサード リンク]

RowプロパティとEntireRowプロパティの違い

結論から言うと、
 Row
   行番号を表す整数を返すプロパティ
 EntireRow
   行全体を表すRangeオブジェクトを返すプロパティ
です。

RowとEntireRowの違いをオブジェクトブラウザーで確認する

オブジェクトブラウザーで、RangeオブジェクトのRowプロパティの詳細ペインを確認すると、下図のように「As Long」と整数値を返すことが明記され、

EntireRowとRowの違い

RangeオブジェクトのEntireRowプロパティの詳細ペインを確認すると、下図のように「As Range」とRangeオブジェクトを返すことが明記されています。

EntireRowとRowの違い

RowとEntireRowのオブジェクト式としての特徴

RowプロパティはLongを返しますから、「.Row」の後ろに何らかのオブジェクト式が続くことはあり得ません。
EntireRowプロパティはRangeオブジェクトを返しますから「.EntireRow」の後ろに何らかのオブジェクト式が続くことがあり得ます。

Rowsプロパティを持つオブジェクトはいろいろありましたが、EntireRowプロパティは、Rangeオブジェクトにだけ存在しますから、Rowの前もEntireRowの前も、必ずRangeオブジェクトを返すオブジェクト式か、Rangeオブジェクトのセットされているオブジェクト変数になります。

ActiveCell.RowとActiveCell.EntireRowの違い

例えば、A3セルがアクティブな場合、
ActiveCell.Rowは「3」という行番号を返し、

EntireRowとRowの違い

ActiveCell.EntireRowは、3行目全体を表すRangeオブジェクトを返します。

EntireRowとRowの違い

▼2017年6月10日にオブジェクトブラウザーの使い方とともに、VBAのオブジェクト式の文法・オブジェクト変数等についてとことん解説するセミナー『Excel VBA講座 オブジェクト式解説編』を開催します。
オブジェクト式解説編

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 行・列を表すRange » EntireRowとRowの違い

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 行・列を表すRange » EntireRowとRowの違い

「行・列を表すRange」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.