インストラクターのネタ帳

新着記事

2014年10月17日に発売開始になったと報道されている新しいOfficeの本体は今のところ2013のままであることと、日本独自仕様で発売されたOffice 365 Soloについて記事にしました。

もう一つ10月17日にリリースされた、日本独自のMicrosoft OfficeであるOffice Premium(オフィス・プレミアム)についてもザックリまとめておきます。

Office 365 Soloと同じおまけがつくが2年目以降は契約更新が必要

Office Premiumを一言でいうなら、新しいタイプのプリインストール版のMicrosoft Officeで、先日ご紹介したOffice 365 Soloと同じオマケがついたものです。

1TB(テラバイト)のOneDrive(ワンドライブ)、毎月60分の有料Skype、テクニカルサポートというOffice 365 Soloと同じオマケがついています。

Office for iPadがリリースされれば、Office PremiumでもOffice 365 Soloと同じく2台まで使えます。

ただし、これらのオマケは1年間の有効期限付きです。

1年を経過して2年目以降も、1TBのOneDrive・毎月60分の有料Skype・テクニカルサポート・Office for iPadというオマケを使いたい場合は、年間5,800円で契約更新する必要があります。

この契約更新をする人がどれくらいの割合になるのかは、来年2015年10月17日以降の注目ポイントです。

続きを読む

2014年10月17日に発売が開始された「新しいOffice」の本体は2013の次のバージョンではないことをご紹介しました。

マイクロソフトが「新しいOffice」と呼んでいる、
Office 365 Solo(オフィス・さん・ろく・ご・ソロ)
とは、どんなものなのかザックリまとめておきます。

年単位・月単位で利用できる

ひとことで言うなら、Office 365 Soloとは、年単位・月単位で、最新版のMicrosoft Officeと、いくつかのオマケを利用できるサービスです。

お値段は、年単位なら12,744円、月単位なら1,274円です。

最新版のMicrosoft Officeですから、2014年現在、Windows版はOffice 2013、Mac版はOffice 2011が使えます。

Windows版Office 2013・Mac版Office 2011の、次のバージョンが出るときにOffice 365 Soloを契約していれば、その最新バージョンを使うことができます。

続きを読む

「日本のOfficeが変わる」
というコピーとともに2014年10月17日(金)に新しいOfficeが発売になった、といった報道があちこちで行われています。

エンドユーザーの立場から新しいOfficeが出たと聞くと、2014年現在の最新バージョン・Office 2013の次のバージョンが出たと思ってしまうのが自然な反応だと私は思います。

ですが、実は、そうではありません。

2013の次のOfficeはまだ出ていません

2014年10月17日に出た新Officeというのは、Office 2013の次のバージョンではありません。

エンドユーザーがMicrosoft Officeと聞いてイメージする、Word・Excel・PowerPointなどは、相変わらず2013のままです。

Office 2013の次のバージョンが出るのは、2015年後半にリリースされると言われている次のWindowsであるWindows 10が出る前後になる可能性が高いと、私は想像しています。

続きを読む

10月19日 日曜日に
『Excelマクロ入門講座 オブジェクト式解説編』
を開催し、5名(女性2名・男性3名)の方にご参加いただきました。


▼講座タイトル
『Excelマクロ入門講座 オブジェクト式解説編』

▼開催日時
2014年10月19日 日曜日
10時30分~13時00分

▼会場
ちよだプラットフォームスクウェア 501
東京都千代田区神田錦町3‐21

▼受講料
10,800円
(割引料金:9,720円)

▼講師
伊藤潔人
「インストラクターのネタ帳」管理人・Microsoft MVP for Excel

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「エクセルアドイン フォルダ 場所 vbs」
という検索でこのサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excelのアドインフォルダを開いたりするVBScriptを探している方による検索でしょうか。

続きを読む

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

特にたくさんのスライドの含まれるプレゼンテーションファイルをPowerPointで作る際に頻繁に発生する操作があります。

作成済みの前のほうにあるスライドをコピーして、それをプレゼンテーションファイルの末尾に貼り付けるという操作です。前のほうにあるスライドと同じレイアウト・似た内容のスライドを少しでも楽に作成しようとするときに、この操作が発生します。

ですが、スライドの枚数が多ければ多いほど、プレゼンテーションの前のほうに行ったり、末尾に戻ったりが面倒になります。

そんなときに使えるPowerPointマクロをご紹介しておきます。

続きを読む

ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座

エクセルマクロの初心者・入門者向けのセミナー
『ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座』
を2014年12月14日(日)10時30分より開催させていただきます。

Excelを使うビジネスパーソンがマクロを使えれば、仕事の効率が上がるのは間違いありません。
人が手でやっていたらミスしてしまう、面倒な、繰り返し作業をExcelにやってもらえばいいのですから。

しかし、市販されているExcelマクロの入門書籍には、いきなり細かなことまで書かれていることが多いため、マクロを作成したことのない方・プログラミングの経験がない方にとって、ハードルが非常に高く感じられるものがほとんどです。

そのため、書籍を使って独学でExcelマクロを学習しようとしたものの、挫折したという方が少なくありません。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba スタイルを標準にする」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

スタイルを標準にするWord マクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

「word vba スタイルを標準にする」
という検索キーワードだけでは具体的に何をどうしたかったのかがわかりませんので、ここでは参考になりそうなWordマクロを2つご紹介しておきます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

ヘッダー・フッターを削除するExcelマクロをご紹介していますが、
「エクセル 2013 ヘッダー 消し方」
「エクセル 2013 ヘッダー フッター解除」
「excel2013 フッターを削除する」
といった検索でも、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが増えてきています。

Excel 2013でヘッダーやフッターを削除する方法を探している方による検索です。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「ワード vba 表 作成」
「word マクロ 表作成」
「word vba table作成」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あることに気づきました。

Wordで表を作成するマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

「ワード vba 表 作成」
「word マクロ 表作成」
「word vba table作成」
という検索キーワードだけでは、どんな表を、どこに、どうやって作りたいのかがわかりませんので、ここでは、シンプルなマクロをご紹介しておきます。

続きを読む

Home

人気の一覧系記事 ▼

検索

このページの上部へ戻る