インストラクターのネタ帳

新着記事

『ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座』を受講いただいた方には、Web経由の匿名で「本講座のよかった点・ご不満に感じた点などをご自由にお書きください。」というアンケートお願いしています。

アンケートへの回答のうち、Webへの掲載可能という許可をいただいた方のコメントを転載させていただきます。


エクセルVBAを独学で学び、ある程度の基礎は身につけたつもりでしたが、
講座を通じて、基礎的な知識の理解に欠けていた自分をあたらめて認識しました。
たぶん、独学では知り得なかったこと(書籍でははあまり触れられていない)も
知ることができましたし、今後の学習の指針のようなものができました。
余計なことは極力教えないというスタンスもよかったです。

続きを読む

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「powerpoint vba 表 選択」
「パワーポイント マクロ 表 選択」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあります。

PowerPointで表を選択するVBA(Visual Basic for Applications)のコード・マクロを探している方による検索でしょうか。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word2010 セクション番号はどこで見るの?」
「ワード 2010 セクション番号 確認」
「ワード2010 セクション番号の表示」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

Word 2003ではステータスバーにセクション番号が表示されていた

Word 2003の場合、下図のようにステータスバーにセクション番号が表示されていました。

Word 2013・2010・2007でセクション番号を表示する

ところが、
Word 2010の場合下図のように、

Word 2013・2010・2007でセクション番号を表示する

Word 2013の場合下図のように、

Word 2013・2010・2007でセクション番号を表示する

セクション番号がステータスバーに見当たらないことがあります。

「word2010 セクション番号はどこで見るの?」
「ワード 2010 セクション番号 確認」
「ワード2010 セクション番号の表示」
という検索キーワードは、これを解決する方法を探していた方によるものでしょう。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

SaveAsメソッドでブックを保存するときに同じ名前のファイルがあった場合のマクロを2つご紹介しました。

同じ名前のファイルがないか事前に確認して存在していた場合に中断するマクロと、強制的に上書き保存するマクロです。

同じ名前のファイルがあったときに、上書きするかどうかを確認する、という仕様が選ばれることもあるでしょう。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba セクション番号を取得」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

セクション番号を取得するWord VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

続きを読む

『ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座』を受講いただいた方には、Web経由の匿名で「本講座のよかった点・ご不満に感じた点などをご自由にお書きください。」というアンケートお願いしています。

アンケートへの回答のうち、Webへの掲載可能という許可をいただいた方のコメントを転載させていただきます。


少人数であったため、質問しやすい環境であったことが良かったと思います。事前準備がしっかりとしていたため講座も最初からスムーズに開始され、最後まで同じペース配分で進めたことが良かったと思います。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

WSH(Windows Scripting Host)を使ってデスクトップのフルパスを取得してアクティブなブックをデスクトップに保存するマクロをご紹介しました。

このマクロに限らず、保存を行うマクロをVBA(Visual Basic for Applications)で作るときには、考えておかなければいけないことは、いろいろとあります。

いろいろある中でまず考えるべきは、同じ名前のファイルが存在していたときにどうするか、でしょう。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「エクセル 掛け算 切り捨て」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが、結構あることに気づきました。

Excelで単純な掛け算を行うには乗算演算子「*」を使いますが、その計算結果を切り捨てにする方法を探しているExcel初心者の方による検索です。

例えば、A1セルに「2980」、B1セルに「0.08」という値が入力されているときにC1セルに「=A1*B1」という計算式を入力して、

掛け算の計算結果を切り捨てにするには?

C1セルで小数点以下も表示するような書式が設定されていれば、下図のように「238.4」という計算結果が表示されます。

掛け算の計算結果を切り捨てにするには?

これを、小数点以下を切り捨てた「238」という値を表示する方法を探している方による検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「2010 vba 同じファイル名でデスクトップに保存する」
「2010 vba 開いているファイルと同じファイル名でデスクトップに保存する」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

現在開いているファイルを、同じ名前でデスクトップに保存するVBA(Visual Basic for Applications)のコード・マクロを探している方による検索です。

どのアプリケーションのマクロを探していたのかまではこの検索ログではわかりませんが、ここではExcelマクロをご紹介しておきます。

続きを読む

Home

人気の一覧系記事 ▼

検索

このページの上部へ戻る