インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Word2007, Word2010, Word2013

Wordのブックマーク関連の記事を書くために、久しぶりにブックマークの操作を行う中で、Word 2007以降のブックマークについて、気付いたことがあるので記事にしておきます。

ブックマークを挿入するキーボード操作・Alt→I→K

ブックマークを挿入する際に利用する[ブックマーク]ダイアログを表示する、Word 2007・2010・2013の本来のアクセスキーは、[Alt]→[N]→[K]です。

続きを読む

Google Analyticsのデータを元に『インストラクターのネタ帳』の、月ごとの人気ページ(アクセス数の多い個別記事)をまとめておきます。

サイト全体のページビュー・ユニークユーザー数などをまとめた『2015年のアクセス概要』も合わせてご参照ください。

●2015年8月
 1位:生年月日から年齢を計算
 2位:切り捨てしたい・切り上げしたい
 3位:縦書きにするには
 4位:別シートのデータを表示・別シートのセルを参照
 5位:ドロップダウンリストの作り方
 6位:千円単位・百万円単位で表示する
 7位:チェックマーク・レ点を入力したい
 8位:IF関数で「○○を含む」の指定
 9位:PowerPoint 2013で縦長・縦向きにする
10位:IF関数で空白なら空白にする
11位:IF関数で複数条件「かつ」を指定
12位:COUNTIF関数で空白以外のセルをカウントする
13位:複数セルの文字を一つのセルに
14位:IF関数で複数条件「または」を指定
15位:スペースをすべて削除する

続きを読む

Google Analyticsのデータを元に、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセス状況をまとめておきます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

アクティブな文書から新しいExcelブックに「ブックマーク名・ページ番号・行番号」の一覧を作成するWordマクロをご紹介しました。

Wordマクロではなく、Excelマクロにしておくという考え方もあるでしょう。

Wordマクロの場合は新しいExcelファイルにブックマーク名一覧を作成しましたが、Excelマクロの場合は、ブックマーク名一覧を作成するワークシートを決めておいて、ブックマーク一覧を作り直すほうが、便利そうに思えます。

ブックマークの存在するWordファイルをどう指定するについても、いくつかの実装方法が考えられますが、このあとにブックマークの削除作業が続くことをイメージすると、ブックマークの存在しているWordファイルを事前に開いておいてからブックマーク一覧を作り直すという仕様が良さそうです。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013

アクティブな文書のすべてのブックマークを削除するWordマクロをご紹介しました。

Wordのブックマーク機能が活用されている現場をイメージすると、全ブックマークを削除するよりも、たくさんのブックマークの中の、いくつかは残してその他を削除したいというニーズのほうがありそうです。

このニーズを満たすための実装方法は、いろいろ考えられます。
いろいろと考えられますが、Excelにブックマーク名一覧を作成して、残したいブックマークをExcel上で指定して、他のブックマークを削除するという方法が、私には便利そうに感じます。

そのために、まず、ブックマーク名等の一覧をExcelに作成するWordマクロを作ってみました。

続きを読む

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「パワーポイント vba 他ファイルからスライドを追加」
という検索でこのサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

仕事の中でプレゼン資料を作る場合、まったくゼロの状態からPowerPointファイル作るということは現実的にはそれほどなく、既に存在している資料からスライドをかき集めたり、修正を加えたりして作るというケースのほうが多いはずです。

そんな作業を楽にするための、VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探していた方による検索キーワードです。

「他ファイルからスライドを追加」するときに、どのファイルの、どのスライドを、どこに追加するのかを、どのように指定したいのかによって、マクロの作り方はかなり変わってきそうです。

続きを読む

2015年8月30日 日曜日にエクセルマクロの入門者・初心者向けのセミナー
『ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座』
を開催し、4名(女性3名&男性1名)の方にご参加いただきました。


▼講座タイトル
『ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座』

▼開催日時
2015年8月30日 日曜日
10時30分~17時30分

▼会場
ちよだプラットフォームスクウェア 501
東京都千代田区神田錦町3‐21

▼受講料
27,000円

▼講師
伊藤潔人
「インストラクターのネタ帳」管理人・Microsoft MVP for Excel

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

鹿児島県知事さんによる、女性と三角関数についての発言をキッカケにして、おち研さんの、
「ハイヒールつらい!テメーと一緒にすんじゃねーよ!」計算機
という記事を読ませていただきました。

とても興味深い記事ですが、三角関数をすっかり忘れている私としては、記事の最初のほうに出てくる、表計算ソフトで作られているらしき、2つの表が気になって仕方ありません。

ヒールの高さと足のサイズの1つ目のsinθの表は、割り算すればいいことがすぐわかりましたが、2つ目の「オシャレに興味を持った中学生が見に来るかも知れないので直角を90度とする度数法に」変換された表を、どうやって作ったのか三角関数を忘れていた私は、残念ながらなかなかわかりませんでした。。

続きを読む

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

Font・Font2オブジェクトのプロパティ比較一覧表

PowerPointの似たようなオブジェクトの、プロパティ・メソッドの比較をしやすくするために一覧記事をいくつかご紹介しています。

他にも似たような「2」つきのオブジェクトがあります。

FontオブジェクトとFont2オブジェクトです。

これも一覧にしておきます。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「ワードvbaマクロ フォント名」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

フォント名を取得するWord VBA(Visual Basic for Applications)のコード、マクロを探していた検索です。

フォント名を取得するサンプルコード

FontオブジェクトのNameプロパティを使えば、フォント名を取得することができます。

例えば、
 MsgBox Selection.Font.Name
で、カーソル位置のフォント名がメッセージボックスに表示され、
 MsgBox ActiveDocument.Range(0, 1).Font.Name
で、アクティブな文書の1文字目のフォントの名前がメッセージボックスに表示されます。

これだけでは、あれなので、実務で使えそうなマクロをご紹介しておきましょう。

続きを読む

Home

人気の一覧系記事 ▼

検索

このページの上部へ戻る