インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

Excel VBA(Visual Basic for Applications)のAnd演算子についてご紹介した昨日の記事の最後のほうに、
 If tmp < 50 Then
 ElseIf 50 <= tmp And tmp < 70 Then
 ElseIf 70 <= tmp And tmp < 85 Then
 ElseIf 85 <= tmp Then
 Else
 End If
というコードを書きました。

VBAの比較演算子の前後は入れ替えられることと、コードの読みやすさについて実感していただくための例として書いたものです。

ですが、プログラミングの経験がある方や、Excelのワークシート関数のIF関数でAND条件を指定する方法をしっかり理解できている方、論理的思考の得意な方は、このコードについて疑問を持つはずです。

その疑問を元に、And演算子を使わなくても、AND条件を指定していることになるケースについて書いておきます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「エクセル マクロ if 以上 以下」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、X以上かつY以下といった条件を指定する、If文の書き方を探している方による検索でしょうか。

マクロ初心者の方がやってしまいがちな間違ったAND条件

例えば、何らかのテスト結果の判定を行うマクロで、A1セルの値が70以上かつ85以下のときにB1セルに「B」と入力するようなマクロを作ろうとしたときに、初心者の方が書きがちなのが、
 If Range("A1").Value >= 70 And <= 85 Then
というコードでしょうか。(私自身もマクロを書き始めたばかりの頃、こんな書き方をしようとした記憶があります)

あるいは、
 If 70 <= Range("A1").Value <= 85 Then
というコードを書いてしまう方もいらっしゃるようです。

どちらのコードもVBAのわかる人が読めば、A1セルの値が70以上かつ85以下という条件を指定したかったのだろうな、という想像をすることができます。

ですが、いずれもVBA的にはダメです。

続きを読む

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「powerpoint vba スライド番号 削除」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

スライド番号を削除するPowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

「削除」というキーワードが使われていますが、非表示にすればいいのではないかと感じます。

ここでは参考になりそうな、スライド番号を非表示にするPowerPointマクロを、2つご紹介しておきましょう。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba 開いているファイル数を取得」
「word vba 開いている文書の数を調べる」
といった検索でこのサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気が付きました。

開いているWordファイル・Word文書の数を取得する、Word VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「excel vba 図形を一度に消すには?」
という検索が、このサイト・インストラクターのネタ帳で行われていました。

図形を一気に削除するExcelマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

選択したセル範囲に含まれる図形を削除するExcelマクロを既にご紹介していますが、全図形を一気に削除するマクロをご紹介します。

続きを読む

ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座

エクセルマクロの初心者・入門者向けのセミナー
『ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座』
を2015年4月19日(日)10時30分より開催させていただきます。

Excelを使うビジネスパーソンがマクロを使えれば、仕事の効率が上がるのは間違いありません。
人が手でやっていたらミスしてしまう、面倒な、繰り返し作業をExcelにやってもらえばいいのですから。

しかし、市販されているExcelマクロの入門書籍には、いきなり細かなことまで書かれていることが多いため、マクロを作成したことのない方・プログラミングの経験がない方にとって、ハードルが非常に高く感じられるものがほとんどです。

そのため、書籍を使って独学でExcelマクロを学習しようとしたものの、挫折したという方が少なくありません。

続きを読む

対象:Googleスプレッドシート & Google Apps Script

「googleapps script date 翌日」
「appsscript 一日加算」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あることに気が付きました。

何らかの日付データに、1日加算して翌日の日付を求める、GAS(Google Apps Script)のコードを探している方による検索です。

VBA(Visual Basic for Applications)の場合、日付の加算・減算を行うDateAdd関数を使うのが簡単です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「二次元配列 宣言 エクセル」
「excel vba 二次元配列 宣言」
「excel2010マクロ 2次元配列のredim宣言方法」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あることに気が付きました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、2次元配列の宣言をどう行えばいいのか、どう書けばいいのかを探している方による検索です。

2次元の配列変数の宣言に関係する、サンプルマクロをいくつかご紹介しておきます。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word2010 マクロ ページ移動」
「word vba 3ページ目まで移動」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気が付きました。

ページ移動を行うWordマクロ・Word VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

続きを読む

対象:Googleスプレッドシート & Google Apps Script

GoogleスプレッドシートでGAS(Google Apps Script)を使った日付データから曜日を表す数値を取得するスクリプトと曜日を入力するスクリプトをご紹介しました。

実務では、日付データから曜日を表示するTEXT関数を、スクリプトから入力するというほうが使い道がありそうです。

続きを読む

Home

人気の一覧系記事 ▼

検索

このページの上部へ戻る