インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

VBAで配列変数のメモリアドレスを確認する-VarPtr関数

Excel VBA(Visual Basic for Applications)では、配列変数を使わなくてもかなりのことができます。

ですからプログラミングの経験がまったくない方の場合、配列の学習は後回しにするほうがいいと私は考えています。プログラミング経験のない方がVBAの書籍を購入する場合に、変数のすぐあとに配列の説明が書かれているような書籍は、一冊目の本としてはおすすめしません。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel vba iferror関数」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)から、IFERROR関数を使った数式をセルに入力するためには、どのようなコードを書けばいいのかを探している方による検索でしょうか。

「"」ダブルクォートを入力するには

「excel vba iferror ""でエラーが」
という検索キーワードは、何に困っていたのかが明確です。

IFERROR関数の第2引数・エラーの場合の値に、空白文字列を指定しようと「"」(ダブルクォーテーション)を2個書いたのでしょう。

そのようなプロシージャを実行すると、
「実行時エラー'1004' アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。」
という実行時エラーが発生します。

「excel vba iferror ""でエラーが」
という検索をなさった方は、その解決策を探していらしたのでしょう。

「"」を入力したい場合は、VBAのコード上では「""」のように2個書いてあげる必要があります。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Dictionaryのカウント・個数を取得するExcelマクロ

「scripting.dictionary vba 個数カウント」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

ScriptingライブラリのDictionaryオブジェクトで、要素・項目の個数をカウントするには、VBA(Visual Basic for Applications)でどのようなコードを書けばいいのか、探している方による検索でしょう。

続きを読む

動作検証バージョン:Access2016

「access vba 全レコード表示」
「access vba 全てのレコードを表示する」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

この検索キーワードだけでは、どこにすべてのレコードを表示させたいのかがわかりませんので、ここではADO(ActiveX Data Objects)を使ってイミディエイトウィンドウに出力を行う、Access VBA(Visual Basic for Applications)のコードをご紹介しておきます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

ドライブ一覧を作成するExcelマクロ

「vba ドライブ一覧」
「vba ドライブ名一覧」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあります。

ドライブ名の一覧を作成する、VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

どのアプリケーションでの話かわかりませんが、FileSystemObjectを利用した、Excelマクロをご紹介しておきます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「別シートの listobject」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、アクティブになっていない別のシートのListObjectオブジェクトを取得するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索キーワードでしょうか。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel2013 vba 最大値・最小値」
「excel vba 最大値を求める office2013」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、たくさんの数値の中から、最大値や最小値を取得するにはどうすればいいのかを探している方による検索です。

WorksheetFunction.Maxで最大値をWorksheetFunction.Minで最小値を取得できる

WorksheetFunctionオブジェクトを使って、表計算ソフトExcelの持つワークシート関数を利用すれば、Excel VBAからも簡単なコードで最大値や最小値を取得できます。

WorksheetFunctionオブジェクトのMaxメソッドを使えば、

Excel VBAで最大値・最小値を求める

最大値を求められ、WorksheetFunction.Minメソッドで、

Excel VBAで最大値・最小値を求める

最小値を求められます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「セル vbcrlf 挿入」
「vba セルへの文字入力 vbcrlf 折り返し」
という、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気づきました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)からセル内改行を行うために、定数・vbCrLfを使おうとしているように見える、

セル内改行にはvbCrLfではなくvbLfを使いましょう

ちょっと残念な検索キーワードです。

続きを読む

ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座

Excelマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)の初心者・入門者向けのセミナー
『ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座』
を2016年10月16日(日)に開催いたします。

Excelを使うビジネスパーソンがマクロを使えれば、仕事の効率が上がるのは間違いありません。人が、手作業で行っていたらミスしてしまう、面倒な繰り返し作業をExcelにやってもらえばいいのですから。

しかし、市販されているExcelマクロの入門書籍には、いきなり細かなことまで書かれているもあるために、マクロを作成したことのない方・プログラミングの経験がない方にとって、ハードルが非常に高く感じられるものがほとんどです。そのため、書籍を使って独学でExcelマクロを学習しようとしたものの、挫折したという方が少なくありません。

(これは、書籍という完結したコンテンツにするために細かな部分まで書かざるを得ないという事情はあるものの、Excelマクロ初心者が躓きやすいポイント等を知らない著者や編集者が書籍を作っているということ、困ったことなのですがプログラミングの経験はあるものの、Excelマクロについては、実はあまり詳しくない著者が書いているケースもあることが、主な原因になっているようです。)

『ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座』では、実務で使えるExcelマクロを作るために、絶対に知っておかなかければいけない基礎の基礎を、ビジネスパーソン向けに凝縮して1日でお伝えします。

続きを読む

「excel vba forms objectlibraryが無い」
「excel vba参照設定ライブラリーにmicrosoft formsが無い」
「microsft forms2.0 object library ファイルの保管先」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが、割とあります。

VBE(Visual Basic Editor)で、Microsoft Forms 2.0 Object Libraryへの参照設定を行おうとしたものの[参照設定 - VBAProject]ダイアログに、

MSForms・Microsoft Forms 2.0 Object Libraryの参照設定を行うマクロ

該当するライブラリファイルが見つからないので、どこにあるのかを探している方による検索キーワードです。

既にご紹介しているとおり、MSForms・Microsoft Forms 2.0 Object Libraryの参照設定は、[参照設定 - VBAProject]ダイアログで頑張ってファイルを探すよりも、ユーザーフォームを挿入するのが楽です。

続きを読む

人気の一覧系記事 ▼

検索

最近じっくりと読まれている記事