インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel range デフォルトプロパティ」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

ExcelのRangeオブジェクトの、デフォルトプロパティ・既定のプロパティについて調べている方による検索です。

どのアプリケーションの話かは厳密にはわかりませんけれども、
「vbaでrangeオブジェクトの既定のプロパティは?」
「rangeオブジェクトのデフォルトプロパティとは」
「vba defaultのメソッドrange」
といった検索キーワードも、同じことを調べていた可能性が高いと考えています。

続きを読む

「マクロ if goto 使い方」
という検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

そもそも、どのアプリケーションの話かがわかりませんが、GoTo文の使い方を知りたいと思っていた方による検索です。

ここではIf文の中でGoTo文を使ったVBAマクロをご紹介しておきます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

セルのコピーをシート間で行うExcelマクロ

「vba セル 範囲 コピー シート間 アクティブにしない」
という検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

セル範囲を、アクティブシートの切り替えを行わずに、シート間でコピーするExcel VBA(Visual Basic for Applications)のコードを調べていた方による検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Excel VBA(Visual Basic for Applications)にある程度慣れた方から、
「ワークシートから指定する書き方をしたときに、インテリセンスが表示されないのは何故なのでしょう?」
といったご質問をいただくことがあります。

Worksheetオブジェクトではなく、
Workbookオブジェクトから指定するオブジェクト式を書いた場合、インテリセンス機能が効いて、下図のように自動メンバー表示が行われます。

Worksheets(Index).でインテリセンスが効かない理由

ところが、
Worksheetオブジェクトから指定して「Worksheets(1).」といったオブジェクト式を書いた場合には、自動メンバー表示が行われません。

この理由を知りたいというのが、
「ワークシートから指定する書き方をしたときに、インテリセンスが表示されないのは何故なのでしょう?」
といったご質問の主旨です。

最初に結論を申し上げると、「Worksheets(Index).」というオブジェクト式では、返されるオブジェクトが曖昧だからです。

続きを読む

「dictionary 自動変数 表示されない」
という検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Dictionaryオブジェクトを利用する参照設定

Dictionaryオブジェクトでインテリセンスが働かず、上図のような自動メンバー表示が行われない原因を調べていた方による検索かな、と想像しています。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

MkDirで階層の深いフォルダーを作成する

「vba mkdir 階層」
「vba mkdir 中間ディレクトリ」
「vba フォルダ作成 mkdir サブフォルダ」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

VBA(Visual Basic for Applications)のMkDirステートメントで、階層の深いフォルダーを作成するには、どのようなコードを書けばいいのかを探している方による検索でしょうか。

「vba mkdir 再帰的」
といった検索も、おそらく同じだろうと推測しています。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「マクロ 隣のセル 値 コピー」
「vba 隣のセルの値をコピー」
という検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あることに気づきました。

隣のセルの値をコピーする、Excel VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel vba 範囲内のセルが空白である事を確認する」
といった検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気づきました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、特定の範囲のセルが、空白かどうかを調べるには、どのようなコードを書けばいいのかを探している方による検索です。

「範囲内のセルが空白である」という状態は、実務ではいくつかの可能性が考えられますが、ここではワークシート関数をVBAから利用してチェックするマクロを、2つご紹介します。

続きを読む

Excel VBA講座 オブジェクト式解説編 2016年10月30日(日)9時30分より

VBAの経験者向けセミナー
『ExcelVBA講座 オブジェクト式解説編』
を10月30日(日)に開催いたします。

Excel VBA講座 オブジェクト式解説編 とは

「オブジェクト型変数が、よくわかりません」
「With文って、なんだか苦手です」
「ヘルプで必要な情報を、なかなかみつけられません」

これらの課題は、オブジェクト式(オブジェクトを指定・特定する記述)の文法を、理解できていないときに生じるものです。

VBAのオブジェクト式には、明確な文法が存在します。
ですが、文字だけで解説することは容易でないことが原因なのでしょうか、オブジェクト式の文法についてまとめて記載されている日本語書籍は、ほとんど存在しません。

そのため(?)、オブジェクト式の文法を理解できていないVBA経験者の方が、たくさんいらっしゃいます。Excel VBAでも、Access VBAでも。

オブジェクト式の文法を理解しない限りは、マクロ記録すると作られる妙なコードや、誰かが書いたサンプルコードを参考にしなければ、マクロを自分の力では作ることは決してできません。(本当に自力でマクロを作ることができる方は、サンプルコードがなくても、VBEのオブジェクトブラウザーやローカルウィンドウを使ってオブジェクトについて調べながら、コーディングできるものです。)

オブジェクト式の文法を知らないと使いこなせないけれど、本当はとても便利なツール・オブジェクトブラウザ-の使い方と共に、オブジェクト式の文法について、まとめてお伝えするセミナーが『ExcelVBA講座 オブジェクト式解説編』です。

必要とするたった一つのサンプルコードを求めて、何冊何冊もVBA関連書籍を買ったり、ネット上の情報を探し回ったりするのは、もうそろそろ止めにしませんか?

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「エクセル 割り算 端数繰上」
「exile 割り算後小数点以下繰り上げ」
「エクセル 割り切れない数字を1つ繰り上げる計算方法」
といった検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが結構あります。

Excelで割り算をした結果の端数・あまりを切り上げるには、どうすればいいのかを探していた方による検索です。

続きを読む

人気の一覧系記事 ▼

検索

最近じっくりと読まれている記事