インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel2010 vba 条件付き書式 セルの背景色取得」
という検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へアクセスがありました。

条件付き書式で指定した、セルの塗りつぶし背景色を、

条件付き書式の塗りつぶし色を取得するExcelマクロ

取得したいということでしょうか。

いつものように参考になりそうなシンプルなマクロを作ってみました。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vbaでセルにtext関数をいれる」
「excel vba 数式 マクロ text関数 表示形式 formula」
といった検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。
Excel VBA(Visual Basic for Applications)から、セルにTEXT関数を入力するには、どうすればいいのかを探していた方による検索です。

TEXT関数では第2引数に、

VBAからTEXT関数を入力する

どのような表示形式にするかを、「"」(ダブルクォーテーション・ダブルクォート)で括って指定します。

この第2引数・表示形式を、VBAのコードから、どうやって指定すればいいのかがわからなかったのだろうと推測しています。

「excel マクロ text関数= "=text(g3," & aaa & ")"をマクロで入力する方法 ダブルクォーテーションを入れたい」
という検索キーワードからは、試行錯誤してらっしゃる様子が、リアルに読み取れます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excelvba 条件付き書式が設定されているかを調べるには」
という検索キーワードでこのサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、条件付き書式が設定されているかどうかを調べるには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索です。

続きを読む

VBAでは各種オブジェクトのColorプロパティを使うことで、オブジェクトの色を表すLong型の数値を取得できます。

これをLong型の数値ではなく、赤・緑・青それぞれの値・RGB値を取得したいということが、結構あります。

「excel2013 vba rgb色取得」
「カラー値からrgbを取得 vba excel2010」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスも時折あります。

VBAのRGB関数に、

RGB値を取得するユーザー定義関数

Red・Green・Blueそれぞれの値を指定することで、各種オブジェクトのColorプロパティに指定するLong値を作れますが、逆の関数は用意されていません。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Excelのよく使われるワークシート関数の中で、仕様がもっとも誤解されている関数といえば、IF関数だと思っています。

IF関数を、何らかの判定を行う関数だと誤解している方が、少なくないと感じています。

例えば、ある日付が過去の日付(今日より前の日付)かどうかを判定するのに、IF関数が必要だと誤解してらっしゃる方が少なからずいらっしゃいます。

このサイト・インストラクターのネタ帳のアクセスログを眺めていても、
「excel if式で過去の日付を区別するにはどうすれば」
といった検索キーワードでのアクセスがあります。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「chart.charttype データ型」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)から、グラフの種類を設定したり、取得したりする際に利用する、ChartオブジェクトのChartTypeプロパティのデータ型を調べている方による検索です。

Chart.ChartTypeのデータ型

結論からいえば、ChartオブジェクトのChartTypeプロパティの戻りの型は、XLChartType列挙型です。

グラフの種類を表すChart.ChartTypeのデータ型は?

実際の値は「VBAでグラフの種類を指定するChartTypeプロパティに指定する定数一覧」でもご確認いただけます。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013, Windows版Word2016

Excel VBA(Visual Basic for Applications)のParentプロパティについてご紹介しました。

Parentプロパティは、Excel VBAにだけ存在しているわけではありません。

Word VBAのParentプロパティも階層の上位・親を返す

Parentプロパティは、Word VBAでも存在しています。
Word VBAのParentも、階層関係の上位(親)に該当するオブジェクトを返すプロパティです。

完全一致で「parent」を、オブジェクトブラウザーで検索すると、下図のように大量の(おそらく全部の)オブジェクトに、

Word VBAのParentとは?

Parentプロパティが存在していることがわかります。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「EXCEL VBA 選択しているシート枚数を数える」
という検索が、このサイト・インストラクターのネタ帳で、行われていました。

選択されているシート枚数を取得するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、選択中のシート枚数がメッセージボックスに表示されます。


Sub 選択中のシート枚数を取得する()
 MsgBox _
   ActiveWindow.SelectedSheets.Count
End Sub

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel vba 非表示行を一斉表示」
「エクセルマクロ 非表示行の表示」
といった検索で、このサイト・インストラクターへのネタ帳のアクセスがありました。

ワークシート上の非表示に設定されている行をすべて再表示するには、Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

グラフタイトルにセルを参照した数式を入力するExcelマクロ

「グラフ内にセルを参照したタイトルをマクロで作成」
という検索が、このサイト・インストラクターのネタ帳で行われていました。

Excelのグラフでは、グラフタイトルにワークシート上のセルを参照する数式を入力しておくと、セルに入力されている文字列をグラフのタイトルとして表示させることができます。

これをVBA(Visual Basic for Applications)で行うには、どのようなコードを書けばいいのか調べていらしたのでしょう。

続きを読む

人気の一覧系記事 ▼

検索

最近じっくりと読まれている記事