インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba ピボットテーブル クリア」
「vba ピボットテーブル初期化」
「エクセルマクロ ピボットテーブル 初期化」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、ピボットテーブルのクリア・初期化を行って、下図のようにフィールドが配置されていない、

VBAでピボットテーブルをクリア・初期化する

まっさらなピボットテーブルにするためには、どのようなコードを書けばいいのか調べていた方による検索でしょう。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba find whatの後をセルにしたい」
「find (what:=の後をセルの値で代入したい」
「vba findでwhatの検索条件をセル番号で指定」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気づきました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、セルの検索を行うRangeオブジェクトのFindメソッドの、検索する文字列を指定する引数・Whatに、

Findの検索条件・Whatにセルの値を指定するには

セルに入力されているデータを利用するには、どのようなコードを書けばいいのかを探している方による検索です。

同じことを調べていた、より具体的な検索キーワードも見られます。

「エクセル マクロ find what部分 a1セルに入力されたもの」
というキーワードは、A1セルに入力された値を、
「find(what 選択したセル」
というキーワードは、選択されているセルの値を検索する方法を、探していらしたのでしょう。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

VBAでピボットテーブルを選択する・アクティブにする

「excel vba ピボットテーブルを選択する」
「エクセルvba ピボットテーブルをアクティブにする」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、ピボットテーブルを選択するには・アクティブにするには、どのようなコードを書けばいいのかを探している方による検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba グラフシートの有無を調べる」
「vba グラフシートが存在するか判断」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

グラフシートが存在しているかをVBA(Visual Basic for Applications)で調べるには、どのようなコードを書けばいいのかを探している方による検索です。

続きを読む

2016年4月24日 日曜日に、Excelマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)の入門者・初心者向けのセミナー
『ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座』
を開催し、4名(女性2名・男性2名)の方にご参加いただきました。


▼講座タイトル
『ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座』

▼開催日時
2016年3月24日 日曜日
10時30分~17時30分
(途中1時間の休憩を含む)

▼会場
ちよだプラットフォームスクウェア プレゼンテーションルーム
東京都千代田区神田錦町3‐21

▼受講料
30,000円
27,000円

▼講師
伊藤潔人
「インストラクターのネタ帳」管理人・Microsoft MVP for Excel

続きを読む

Excel VBA講座 オブジェクト式解説編

VBAの経験者向けセミナー『ExcelVBA講座 オブジェクト式解説編』を
2016年6月5日(日)に開催いたします。

Excel VBA講座 オブジェクト式解説編 とは

オブジェクト変数を自信を持って使えていますか?
With文を自信を持って書けますか?
ヘルプで必要な情報をすぐにみつけられますか?

これらの課題は、オブジェクト式(オブジェクトを指定・特定する記述)の文法を、正しく理解できていないときに生じるものです。

VBAのオブジェクト式には、明確な文法が存在しています。
ですが、文字だけで解説することは容易でないことが原因なのでしょうか、どういうわけか、オブジェクト式の文法についてまとめて記載されている日本語書籍は、ほとんど存在しません。

そのため、オブジェクト式の文法を理解できていないVBA経験者の方が、たくさんいらっしゃいます。Excel VBAでも、Access VBAでも。(ネット上の掲示板などでは、自信たっぷりにまったく間違った解説をしている経験者らしき方を見かけることさえ、あります。)

オブジェクト式の文法を理解しない限りは、マクロ記録機能でできるコードや誰かが書いたコードを参考にしなければ、マクロを自分の力では作ることは決してできません。(自力でマクロを作ることができる方は、サンプルコードなどなくても、VBEのオブジェクトブラウザーやローカルウィンドウを使ってオブジェクトについて調べながら、コーディングできるものです。)

オブジェクト式の文法を知らないと使いこなせないけれど、本当はとても便利なツール・オブジェクトブラウザ-の使い方と共に、オブジェクト式の文法について、まとめてお伝えするセミナーが『ExcelVBA講座 オブジェクト式解説編』です。

必要とするたった一つのサンプルコードを求めて、何冊何冊もVBA関連書籍を買ったり、ネット上の情報を探し回ったりするのは、もうそろそろ止めにしませんか?

『オブジェクト式解説編』はExcel VBAの経験がある方、最低でもFor Each~Nextループを使える方を対象としています。まったくExcelマクロの経験がない方は『ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座』の受講をおすすめします。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba グラフシートにテキストボックスを追加」
という検索でこのサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

VBA(Visual Basic for Applications)から、グラフシートにテキストボックスを作成するにはどのようなコードを書けばいいのかを探している方による検索です。

Excel 2007の場合、グラフシートにテキストボックスを追加する操作をマクロ記録しても、コードが一切作られません。
2010以降のExcelの場合、グラフシートにテキストボックスを追加する操作をマクロ記録しようとしても、リボンが使用不可になってしまいます。

このような状況ですから、ShapeやChartのオブジェクト構造が頭に入っていないと、どこから手をつければいいのか戸惑ってしまうことでしょう。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba ピボットテーブル フィルタ解除」
「vba ピボットテーブル フィルタ 外す false」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

最近のExcelでは、[ピボットテーブルツール]-[分析]タブ-[アクション]グループ-[クリア]-[フィルターのクリア]コマンドから、

ピボットテーブルのフィルターをクリア・解除するExcelマクロ

ピボットテーブルのフィルターを解除することができます。

「vba ピボットテーブル フィルタ解除」
「vba ピボットテーブル フィルタ 外す false」
という検索をなさった方は、この[フィルターのクリア]コマンドと同じことを、VBA(Visual Basic for Applications)から行うには、どのようなコードを書けばいいのかを探していらしたのでしょう。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

CSV形式・TSV形式などのテキストファイルを読み込んで、イミディエイトウィンドウに出力するマクロをご紹介しました。

この考え方をベースに、もう少し実際にお仕事で使える形にしたマクロをご紹介しておきましょう。テキストファイルのデータを読み込んで、ワークシートへ書き出すマクロです。

ここでは書き出す処理を、行単位で行うマクロと、セル単位で行うマクロの2つをご紹介しておきます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

VBA・マクロ関連セミナー受講者の方から、
「CSVファイルなどのテキストファイルを読み込むマクロについて、インストラクターのネタ帳でも記事を書いてください!」
という要望をいただいたことがあります。

講座終了後のアンケートでも、
「csvデータファイルの読み込みについて伊藤先生だとどう説明していただけるのかなと思っております。」
といったご意見をいただきました。

Openステートメントでテキストファイルを開いて、Do~Loop文の中でLine Input #ステートメントを使って1行ごとにデータを読み込んで、最後に開いていたファイルをCloseステートメントで閉じるという処理について、記事を書いてほしいという要望です。

書籍はもちろん、ネット上にもたくさんのサンプルが存在するので、今さら私が記事を書く必要性もないかなと思っていたのですが、ネット上のサンプルをあらためて眺めてみると、ファイルにアクセスするプログラムに慣れてない方にとっては、難しく感じられるコードの書き方をしているケースが少なくないようですので、記事にしておきます。

続きを読む

人気の一覧系記事 ▼

検索

最近じっくりと読まれている記事