インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Excelのグラフは通常、ワークシートのデータとリンクしていますが、グラフの系列を選択後に、数式バーで[F9]キーを押すことで、ワークシート上の元データとのリンクを解除できます。

この操作を、VBA(Visual Basic for Applications)から行いたいというニーズもあるようです。

このサイト・インストラクターのネタ帳へも
「エクセルvba グラフ元データのリンク解除」
という検索キーワードでのアクセスがあります。

続きを読む

「vba enum 1から連番」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

VBA(Visual Basic for Applications)で、列挙体・Enumを1からの連番にするにはどうすればいいのかを探していらした方による検索キーワードでしょう。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「エクセル vba シート全体の選択」
「エクセル マクロ シート全体を選択する」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳のアクセスが、時折あります。

ここで「シート全体」と表現されているものが何なのか、可能性がいくつか考えられますが、素直に考えればワークシート上のすべてのセルでしょうか。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

アクセスログを眺めていて、
「エクセル2010 条件付き書式 過去の日付を色づけをしたいが空白セルまで変わってしまう」
という検索キーワードにきづきました。

過去の日付の書式を変更する条件付き書式設定

条件付き書式を設定する際の、[新しい書式ルール]ダイアログの
 [ルールの種類を選択してください]欄で、
   「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択して、
 [ルールの内容を編集してください]で、
   「セルの値」「次の値より小さい」「=TODAY()」
を指定された方による検索ではないかと想像しています。

過去の日付の書式変更で空白セルを除外する

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba シート削除 キャンセル 戻り値」
という検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、Worksheet.Deleteメソッドでシートを削除しようとすると
「このシートは完全に削除されます。続けますか?」
という確認メッセージが表示されます。

このときに[キャンセル]ボタンをクリックしたときに、何が返されるのかを知りたかったのでしょう。

こういうのは、検索するより、テストしましょう。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel2010 サンプルがほしい selection.shaperange.fill.forecolor.rgb」
という検索キーワードが、このサイト・インストラクターのネタ帳のアクセスログにありましたので、
そんなExcel VBA(Visual Basic for Applications)のプロシージャを作ってみました。

選択されている図形の、塗りつぶし色を

選択図形の塗りつぶし色を変更するExcelマクロ

変更するExcelマクロです。

続きを読む

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

このサイト・インストラクターのネタ帳のアクセスログを眺めていて、
「powerpoint vba 図形が塗りつぶされているかどうか」
という検索キーワードに気づきました。

図形が塗りつぶされているかどうかを調べるには、PowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)でどのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba 入力規則 コピー」
という検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、データの入力規則をコピー&ペーストするには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索です。

コピー元とコピー先を、どうやって指定するのかによって、いろいろな仕様が考えられそうですが、アクティブなセルに設定されている入力規則を、Application.InputBoxメソッドで指定したセルにコピーするExcelマクロを作ってみました。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Excelでは、[ピボットテーブルツール]-[分析]タブ-[ピボットテーブル]グループの[ピボットテーブル名]欄で、

VBAでピボットテーブルの名前を変更する

ピボットテーブルの名前を変更できます。

このピボットテーブル名の変更を、Excel VBA(Visual Basic for Applications)で行いたいというニーズがあるようです。

このサイト・インストラクターのネタ帳のアクセスログにも、
「ピボットテーブル名を変更する vba」
「excel vba ピボットテーブルの名前を変更」
「エクセル2010 マクロ ピボットテーブル名称変更」
といった検索キーワードが見られます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

このサイト・インストラクターのネタ帳のアクセスログを眺めていて、
「application inputbox range 判定」
という検索キーワードでのアクセスがあることに気づきました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)の、Application.InpuBoxメソッドで、

Application.InputBoxメソッドでRangeだけを

指定されたのがRangeオブジェクトかどうかを判定するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していらしたのでしょうか。

続きを読む

人気の一覧系記事 ▼

検索

最近じっくりと読まれている記事