インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Googleスプレッドシート & Google Apps Script

「gas 右寄せ google app script」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

GAS(Google Apps Script)で、右揃えをするにはどのようなコードを書けばいいのかを探している方による検索です。

ここではGoogleスプレッドシートで、セル内データの配置を右揃えにするGASスクリプトをご紹介しておきます。

続きを読む

Google Analyticsのデータを元に『インストラクターのネタ帳』の、月ごとの人気ページ(アクセス数の多い個別記事)をまとめておきます。

サイト全体のページビュー・ユニークユーザー数などをまとめた『2016年のアクセス概要』も合わせてご参照ください。

2016年11月

1位切り捨てしたい・切り上げしたい1,033.0
2位(↑)別シートのデータを表示・別シートのセルを参照746.3
3位(↓)PowerPoint 2013で縦長・縦向きにする745.3
4位千円単位・百万円単位で表示する622.5
5位(↑)COUNTIF関数で空白以外のセルをカウントする592.7
6位(↓)生年月日から年齢を計算563.1
7位IF関数で○○以上××以下という条件を指定する561.4
8位IF関数で空白なら空白にする515.3
9位ドロップダウンリストの作り方485.1
10位スペースをすべて削除する469.8
11位左から(前から・先頭から)n文字削除する方法462.4
12位(↑)Windows 10で手書き入力するIMEパッドを表示するには454.3
13位(↑)COUNTIF関数で「○○以上」「○○以下」の指定448.8
14位(↓)IF関数で複数条件「かつ」を指定436.8
15位(↓)IF関数で「○○を含む」の指定434.2
16位(↓)IF関数で複数条件「または」を指定425.7
17位(↓)複数セルの文字を一つのセルに422.1
18位右から(後から・末尾から)n文字を削除したい381.6
19位(↑)縦書きにするには332.7
20位(↑)関数で年月のみを表示する326.4

続きを読む

対象:Windows XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10

2014年4月9日(水)のWindows XPのサポート終了に関連して、このサイト・インストラクターのネタ帳へアクセスくださった方の、Windows各バージョンのシェアを追いかけてきました。

XPからの乗り換え先は、8ではなく、7が選ばれていたことが見えると感じます。

一方、2015年7月29日(水)にリリースされた、Windows 10の利用者数は、割といい具合に伸びてきているようです。

そこで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスで、XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10の利用率がどう変化するのか、月ごとにまとめていこうと思います。

続きを読む

Google Analyticsのデータを元に、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセス状況をまとめておきます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

シート名を取得して、一覧を作成するExcelマクロをご紹介しています。

これに関連して、
「excel vba シート名 取得 右から」
という検索でも、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気づきました。

複数のシートが存在するブックで、右のシートから順番にシート名を取得するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索キーワードです。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

アクセスログを眺めていて、
「vba parentとは?」
「vba parent 意味」
「.parent. マクロ意味」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気づきました。

VBA(Visual Basic for Applications)のコードで、時折見かける「.Parent」というオブジェクト式について調べていた方による検索です。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013, Windows版Word2016

「word vba range 一文字ずつ取得」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

WordのRangeオブジェクトから、

Word.Rangeオブジェクトから一文字ずつ取得する

VBA(Visual Basic for Applications)で、文字を一文字ずつ取得するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していらしたのでしょう。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、アクティブなシートを取得するActiveSheetプロパティは、

ActiveSheet.でインテリセンスを使う裏技

もっともよく使われるプロパティの一つでしょう。

ですが、戻りがObjectとして定義されているために、コーディング時にインテリセンスが効かず、自動メンバー表示が行われないという欠点があります。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel vba if or 複数」
「エクセル vba if or 3つ」
「vba or条件 3つ以上」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

VBA(Visual Basic for Appliations)の条件分岐で、Or条件を3つ以上の複数指定するには、どのような書き方をすればいいのかを探していた方による検索キーワードです。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013, Windows版Word2016

Wordマクロで、任意の位置から段落記号の直前までの文字列を取得したい、という場面がありました。

そのようなマクロを作る過程で、コードの可読性について思うところがありましたので、記事にしておきます。

続きを読む

人気の一覧系記事 ▼

検索

最近じっくりと読まれている記事