インストラクターのネタ帳

新着記事

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

分数の前にプラス記号・マイナス記号を表示する

「エクセル 分数の前に+表示」
「excel 分数の前に+をつける」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excelで数値を分数表示させ、その分数の前にプラス記号「+」を表示させる方法を探している方による検索です。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word マクロ 選択した文字を上付き」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

選択されている文字列を上付きにするWordマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードについて調べている方による検索です。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

VBA(Visual Basic for Applications)のコレクションオブジェクトについて、記事を書きました。

その続きの、コレクションオブジェクトから単一オブジェクトを取得するコードについて解説したいと思いますが、その前にどうしも書いておかなければいけないことがあります。

オブジェクト式に書かれているのは、オブジェクト名ではなくプロパティだということです。

オブジェクトを特定する記述であるオブジェクト式について、
 「オブジェクト名.プロパティ」
 「オブジェクト名.メソッド」
のように書くといった解説が行われているWebや市販の書籍を見かけることがあります。

この誤った解説に騙されてしまっている人が、相当、いらっしゃいます。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「macro コレクションとは」
「vba workbooksコレクションとは」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あることに気づきました。

VBA(Visual Basic for Applications)の、コレクションとは、コレクションオブジェクトとは何なのかを調べている方による検索です。

続きを読む

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「powerpoint vba 選択された図形の名前を取得する」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

選択されている図形の名前を取得するPowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

続きを読む

『Excelマクロ入門講座 オブジェクト式解説編』
を受講いただいたみなさんには、Web経由の匿名で「本講座のよかった点・ご不満に感じた点などをご自由にお書きください。」というアンケートお願いしています。

アンケートへの回答のうち、Webへの掲載可能という許可をいただいた方のコメントを転載させていただきます。


今回は、授業の進み方も(いつもより) ゆっくりで入力も多くないせいか緊張せず、先生のお話に集中できたように思います。

冒頭の問題で、自動メンバー表示や引数の括弧がオブジェクトとどうつながるのか
つながらないのか、興味を持ちながら受講できました。

個人的にはオブジェクト式の分解が興味深かったです。
頭の中を整理するのにこういう方法を活用させていただきます。

これまでは、オブジェクト変数はとても便利だけどなんだか得体が知れなくて
こわごわ使っていましたが、これからは自信を持って使えそうです。

ありがとうございました。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「excel vba shape セルに合わせて移動やサイズ変更をする」
「excel マクロ 図形 セルに合わせて移動やサイズ変更をする まとめて」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excelのワークシート上に作成した図形は、2013の場合[図形の書式設定]作業ウィンドウから、

アクティブシート上の全図形をセルに合わせて移動やサイズ変更をするよう設定するExcelマクロ

2010・2007の場合[図形の書式設定]ダイアログから、

アクティブシート上の全図形をセルに合わせて移動やサイズ変更をするよう設定するExcelマクロ

  • セルに合わせて移動やサイズ変更をする
  • セルに合わせて移動するがサイズ変更はしない
  • セルに合わせて移動やサイズ変更をしない

といった設定をできます。

「excel vba shape セルに合わせて移動やサイズ変更をする」
「excel マクロ 図形 セルに合わせて移動やサイズ変更をする まとめて」
という検索キーワードは、この設定を行うExcelマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方によるものです。

続きを読む

対象:PowerPoint2010, PowerPoint2013

VBA(Visual Basic for Applications)でPowerPointマクロを作成していて、アクティブなセクションの、先頭と最後のスライドのスライド番号(SlideIndex)を取得する必要がありました。

PowerPointのセクションは、コレクションオブジェクトと単一オブジェクトという構造にはなっていないため、久しぶりに触るとその構造にちょっとビックリします。

自分の備忘録の意味も込めて、アクティブセクションの先頭と最後のSlideIndexを取得するPowerPointマクロを公開しておきます。

続きを読む

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word マクロ 選択文字をテキストボックス」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気づきました。

Wordでは、本文中の文字列を選択しておいて、テキストボックスの挿入コマンドを実行すると、選択されていた文字列をテキストボックスにすることができます。

「word マクロ 選択文字をテキストボックス」
という検索キーワードは、この操作と同じWordマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方によるものでしょうか。

続きを読む

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「excel vba セルをアクテイブにした時に数式の再計算を実行する」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

実務では、大量の数式が含まれているようなブックを扱うときに、計算を自動ではなく手動に設定しておくことがあります。

自動計算が行われることによって処理が遅くなってしまうのを防ぐためです。

大量の数式が含まれているようなブックでは、自動計算をオフにしておいて、データの入力・編集が終わったら、ショートカットキー[F9]などで再計算を実行する、といった使い方をすることが実務ではあります。

続きを読む

Home

人気の一覧系記事 ▼

検索

このページの上部へ戻る