Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » PowerPoint 2010・2013で新しいウィンドウを開くショートカットキー-Ctrl+Shift+N

PowerPoint 2010・2013で新しいウィンドウを開くショートカットキー-Ctrl+Shift+N

対象:PowerPoint2010, PowerPoint2013

PowerPointは2010から、完全なSDI(Single Document Interface)になっています。

ちなみにExcelは2013からです。

これに関連してなのでしょうか、PowerPointには2010から、新しいショートカットキーが割り当てられていることに気づきました。

[スポンサード リンク]

新しいウィンドウを開くコマンド

新しいウィンドウを開くショートカットキーです。

特にスライド枚数の多いプレゼンテーションファイルを作成しているようときに、前のほうのスライドを見ながら、後ろのほうのスライドを作成・編集したいと感じることがあります。

そんなときに、同じファイルを複数のウィンドウで表示させる[表示]タブ-[ウィンドウ]グループ-[新しいウィンドウを開く]は便利です。

PowerPoint 2013・2010で新しいウィンドウを開くショートカットキー-Ctrl+Shift+N

同じファイルを2つの別のウィンドウで表示させ、一方のウィンドウには前のほうのスライドを表示させておきながら、もう一方のウィンドウで後ろのほうのスライドを作成・編集するという使い方ができます。

新しいウィンドウを開くショートカットキー

そんな[新しいウィンドウを開く]コマンドに、PowerPoint 2010・2013ではショートカットキーが割り当てられています。


▼操作方法:新しいウィンドウを開く
[Ctrl]キー+[Shift]キー+[N]キーを押す

[New Window]の[N]を使った、とても覚えやすいショートカットキーだと感じます。

プレゼン資料を作るときに、前に行ったり、後ろに戻ったりを繰り返しているような方には一度試していただきたいショートカットキーです。

関連語句
短縮キー, Keyboard shortcuts, キーボードショートカット

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » PowerPoint 2010・2013で新しいウィンドウを開くショートカットキー-Ctrl+Shift+N

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » PowerPoint 2010・2013で新しいウィンドウを開くショートカットキー-Ctrl+Shift+N

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.