Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » PowerPoint 2013でグリッド線に合わせるには

PowerPoint 2013でグリッド線に合わせるには

対象:PowerPoint2013

PowerPoint 2013でグリッド線に合わせるには

「powerpoint 2013 描画オブジェクトをグリッド線にあわせる」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

PowerPoint 2013で[描画オブジェクトをグリッド線にあわせる]設定がどこにあるのかを探している方による検索です。

2003までのPowerPointでは、[図形描画]ツールバーの[図形の調整]-[グリッドとガイド]から表示できる[グリッドとガイド]ダイアログに[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]チェックボックスがありました。

[スポンサード リンク]

グリッドとガイドダイアログを表示する

PowerPoint 2013では、以下の手順で[グリッドとガイド]ダイアログを表示できます。


▼操作方法:グリッドとガイドダイアログを表示する
[表示]タブ
 -[表示]グループ
  -[グリッドの設定]起動ツールをクリックする

[表示]タブ-[表示]グループ-[グリッドの設定]起動ツールは下図のボタンです。

PowerPoint 2013でグリッド線に合わせるには

[表示]タブ-[表示]グループ-[グリッドの設定]起動ツールをクリックすると、下図のような[グリッドとガイド]ダイアログが表示され、

PowerPoint 2013でグリッド線に合わせるには

[位置合わせ]欄-[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]チェックボックスで、グリッド線に吸着させるかどうかを切り替えることができます。

2007と2013ではグリッドとガイドダイアログを表示する操作が異なる

ちなみに、PowerPoint 2007では、[グリッドとガイド]ダイアログを表示する操作が、2013とは異なっています。(2010は2013と同じですが)

PowerPoint 2007の場合は、[ホーム]タブ−[配置]グループ−[配置]ボタン−[配置]-[グリッドの設定]からです。

2007と2013では、異なる部分がちょいちょいあるので、要注意です。

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » PowerPoint 2013でグリッド線に合わせるには

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » PowerPoint 2013でグリッド線に合わせるには

「Office 2013(オフィス2013)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.