Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » PowerPoint 2010・2013・2016でSmartArtを図形に変換する

PowerPoint 2010・2013・2016でSmartArtを図形に変換する

対象:PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

Office 2003までの[図表]機能が拡張されて実装された、2007からの[SmartArt]は、

PowerPoint 2016・2013・2010でSmartArtを図形に変換する

それなりに便利な機能です。

ですが、凝った図表を描こうとすると、細かな部分で不満も出てきます。

細かな部分にこだわる結果、SmartArtに頼るのをあきらめ、図形(2003までのオートシェイプ)を使って、ゼロから図表を作成している方もいらっしゃるようです。

そんな現場の要望を反映してか、2010からは、SmartArtを図形に変換することができるようになっています。

[スポンサード リンク]

リボンからSmartArtを図形に変換する

2010以降のPowerPointでは、以下の操作でSmartArtを図形に変換することができます。


▼操作概要:SmartArtを図形に変換する
[SmartArtツール]
 -[デザイン]タブ
  -[リセット]グループ
   -[変換]ボタン
    -[図形に変換]をクリック

PowerPoint 2016・2013・2010でSmartArtを図形に変換する

[リセット]グループ-[変換]ボタンは、SmartArtを選択すると自動的に表示される、[SmartArtツール]-[デザイン]タブの右端のほうにあります。

SmartArtに満足できず、[図形]機能を使って図表を描く場合に、満足できないながらもSmartArtで作った図表を元にするほうが、作業が少なくて済むケースもあるでしょう。そのような場合にこの[図形に変換]機能を試してみる価値はありそうです。

ショートカットメニューからSmartArtを図形に変換する

ショートカットメニューにも[図形に変換]コマンドは用意されています。


▼操作手順:SmartArtを図形に変換する
SmartArt内で右クリック
 ↓
表示されたショートカットメニューから[図形に変換]をクリック

PowerPoint 2016・2013・2010でSmartArtを図形に変換する

2010以降のPowerPointをお使いの方で、SmartArtに満足できず、結局[図形]機能で図表を作成する場合に、一度ご確認ください。

[スポンサード リンク]

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » PowerPoint 2010・2013・2016でSmartArtを図形に変換する

[スポンサード リンク]

TrackBack:1

TrackBack URL
SmartArtを図形に変換してグループ解除するPowerPointマクロ from インストラクターのネタ帳
アクティブなスライド上のSmartArtを図形に変換してグループ解除まで行うPowerPointマクロをご紹介しています。

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » PowerPoint 2010・2013・2016でSmartArtを図形に変換する

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

最近じっくりと読まれている記事

.