Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Office 2013を終了する-Alt→F→Xキー

対象:Word2013, Excel2013, PowerPoint2013

Office 2013ではリボンから[終了]コマンドが削除されました。

Office 2010の場合[ファイル]をクリックすると[終了]コマンドが存在していましたが、

Office 2013を終了する

2013ではなくなってしまいました。

Office 2013を終了する

[終了]をバックステージビューの終了や[閉じる]コマンドと誤解する人がいたこと、終了とファイルを閉じるコマンドとの違いがわかりにくいといったことなどが原因で、終了コマンドはリボンから削除されたようです。

[スポンサード リンク]

ファイルを1つしか開いていないときには、ウィンドウ右上の[閉じる]ボタンや、

Office 2013を終了する

ショートカットキー[Alt]+[F4]が[終了]と同じになるので、特に問題はありません。

しかし、ファイルを大量に開いていてアプリケーションを終了するときには、[終了]コマンドを使いたいと感じる方は少なくないように感じます。

ファイルを複数開いていて、Office 2013を終了したいという場合、アクセスキーを使ってみてはいかがでしょう。

リボンからは[終了]コマンドが削除されましたが、アクセスキーを利用すると、アプリケーションを終了することができるのです。


▼操作手順:アプリケーションを終了する
[Alt]キーを押す
 ↓
[F]キーを押す
 ↓
[X]キーを押す

Microsoft Officeは、長らくアクセスキー[Alt]→[F]→[X]でアプリケーションを終了できるように作られていました。(Xは、「exit」の2文字目の[X]のようです)

Office 2013を終了する

このアクセスキーは、リボンから[終了]コマンドの消えたOffice 2013でも有効なのです。

複数のファイルを開いているときでも[Alt]→[F]→[X]キーなら、一発でアプリケーションを終了できます。

Office 2013をお使いの方は、是非一度お試しください。

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Office 2013を終了する-Alt→F→Xキー

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:1

TrackBack URL
Office 2013を終了するボタンをクイックアクセスツールバーに from インストラクターのネタ帳
タブレットPCのMicrosoft Office 2013でアプリケーション終了するには、クイックアクセスツールバーに終了ボタンを登録しておくのが便利です。

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Office 2013を終了する-Alt→F→Xキー

「Office 2013(オフィス2013)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.