Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Office 2013でオートシェイプ・図形の種類を変更する

Office 2013でオートシェイプ・図形の種類を変更する

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「オートシェイプ 変更 パワーポイント2013 」
「エクセル2013 オートシェイプ 変更」
「ワード2013 オートシェイプ 変更」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあります。

Microsoft Office 2013で、作成済みのオートシェイプの形・種類を、あとから変更する方法を探している方による検索でしょう。

Office 2007からはオートシェイプではなく図形

まず呼称が変更されていることを確認しておきましょう。
これまでにも何度か言及していることですが、Office 2007から機能の呼び方が変わっています。

2003までのOfficeで[オートシェイプ]と呼ばれていた機能は、2007以降は[図形]と呼ぶようになっています。

挿入するボタンも下図のように[図形]と表記されています。[オートシェイプ]ではありません。

Office 2013でオートシェイプ・図形の種類を変更する

[スポンサード リンク]

Office 2013で図形の形状を変更する

で、Office 2013で、図形(しつこいですが、元・オートシェイプ)の形・種類を、あとから変更するには以下の操作を行ってください。


▼操作手順:図形の形状を変更する
図形を選択
 ↓
[描画ツール]
 −[書式]タブ
  −[図形の挿入]グループ
   −[図形の編集]ボタン
    −[図形の変更]から選択する

図形を選択すると、下図のような[描画ツール]-[書式]タブが表示されます。

Office 2013でオートシェイプ・図形の種類を変更する

この[描画ツール]−[書式]タブの左のほうに[図形の編集]ボタンがあります。

Office 2013でオートシェイプ・図形の種類を変更する

ちなみに、ウィンドウの横幅によっては、[図形の編集]ボタンは下図のようにアイコンだけの表示になることもあります。

Office 2013でオートシェイプ・図形の種類を変更する

この[図形の編集]ボタンをクリックして表示されたドロップダウンメニューから[図形の変更]コマンド上にマウスポインタを移動すると、

Office 2013でオートシェイプ・図形の種類を変更する

下図のように、ドロップダウンリストから選択して種類・形状をすることができるようになります。

Office 2013でオートシェイプ・図形の種類を変更する

図形の種類・形状をあとから変更することが多いのなら、[図形の編集]ボタン−[図形の変更]上で右クリックして表示されたショートカットメニューの[クイックアクセスツールバーに追加]を実行して、クイックアクセスツールバーにボタンを登録しておくのが便利なはずです。

Office 2013でオートシェイプ・図形の種類を変更する

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Office 2013でオートシェイプ・図形の種類を変更する

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Office 2013でオートシェイプ・図形の種類を変更する

「Office 2013(オフィス2013)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.