Home » Googleスプレッドシートの使い方 » Google Apps Scriptで数値の表示形式を設定・取得する

Google Apps Scriptで数値の表示形式を設定・取得する

対象:Googleスプレッドシート & Google Apps Script

「google apps script セル書式設定」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あることに気付きました。

Googleスプレッッドシートの、セルの書式設定を行うGAS(Google Apps Script)のコードを探している方による検索でしょうか。

「セル書式」というキーワードが使われていますが、Googleスプレッッドシートの場合はメニュー[表示形式]から、セルの見た目をいろいろと設定することができます。

Google Apps Scriptで数字の表示形式を設定・取得する

「google apps script セル書式設定」
という検索をした方は、この中のどれかを設定したかったのでしょうか。

[スポンサード リンク]

「セル書式」というキーワードからは、
  数字(の表示形式)
  フォント(の種別)
  フォントサイズ
  太字・斜線・下線・取り消し線(が設定されているかどうか)
  (セル内での文字の)配置
  テキストの折り返し
あたりを設定したかったのでしょうか。

Excelのセルの書式設定と同じようなものをイメージしていたと仮定すると、
  セルの塗りつぶしの色
  枠線(罫線)の種類や色
あたりを設定したかったのかもしれません。

数値の表示形式を設定するサンプルスクリプト

どれを設定したかったのかはわかりませんが、表計算ソフトを使う上でもっとも重要度の高い、数字の表示形式を設定するGASスクリプトをここではご紹介しておきます。


function sample_set_number_format(){

 var bk = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
 var sh = bk.getActiveSheet();
 var rng = sh.getActiveCell();

 rng.setNumberFormat("#,##0; [Red]-#,###");

}

上記のスクリプトを実行すると、アクティブなセルに
「#,##0; [Red]-#,###」
という表示形式が設定されます。「0」以上の数値は3桁区切りカンマ付きで表示し(#,##0)、負・マイナスの数値の場合には3桁区切りカンマをつけるほかに文字色を赤色にして数値の先頭に「-」(ハイフン)を付けて表示([Red]-#,###)します。

GASからは、Range.setNumberFormatメソッドの引数に、どう表示したいのかを指定することで、数値の表示形式を設定できるわけです。

数値の表示形式を取得する

以下のようなスクリプトで、アクティブセルの、数値の表示形式をメッセージボックスに表示できます。


function sample_get_number_format(){

 var bk = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
 var sh = bk.getActiveSheet();
 var rng = sh.getActiveCell();

 var fmt = rng.getNumberFormat();
 Browser.msgBox(fmt);

}

表示形式を取得するほうは、上記のとおりRange.getNumberFormatメソッドです。

[スポンサード リンク]

Home » Googleスプレッドシートの使い方 » Google Apps Scriptで数値の表示形式を設定・取得する

[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Googleスプレッドシートの使い方 » Google Apps Scriptで数値の表示形式を設定・取得する

「Googleスプレッドシートの使い方」の記事一覧

最近じっくりと読まれている記事

.