Home » Googleスプレッドシートの使い方 » セルを結合するGASスクリプト

Googleスプレッドシート & Google Apps Script

「スプレッドシート gas セルの結合」
という、Googleスプレッッドシート上のセルを結合するGAS(Google Apps Script)のコードを探している検索キーワードで、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

[スポンサード リンク]

セルを結合するサンプルスクリプト

以下のようなスクリプトでアクティブなシートのA1:G7セルを結合することができます。


function sample_Range_merge(){

 var sh = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
 var rng = sh.getRange('A1:G7');
 rng.merge();

}

上記のとおりRangeクラスのmerge()メソッドで、セル結合を行うことができます。

Excel VBAとの比較

Excel VBAの世界でRangeプロパティはグローバルなメンバーで、

セルを結合するGASスクリプト

上位のオブジェクト式を省略すると、アクティブなブックの、アクティブなワークシート上のセルを表す、Rangeオブジェクトを取得できます。

ですからExcel VBAでExcelのアクティブなワークシートのA1:G7セルを結合する場合は、
  Range("A1:G7").Merge
という一行で済んでしまいます。

上記のGASスクリプトと近い形で書くとしたら、以下のとおりです。


Sub sample_Range_Merge()

 Dim sh As Worksheet
 Dim rng As Range

 Set sh = Application.ActiveSheet
 Set rng = sh.Range("A1:G7")
 rng.Merge

End Sub

▼7月22日に、VBEに付属する便利なツールオブジェクトブラウザーの使い方とともに、VBAのオブジェクト式の文法・オブジェクト変数等についてとことん解説するセミナー『Excel VBA講座 オブジェクト式解説編』を開催します。
オブジェクト式解説編

Home » Googleスプレッドシートの使い方 » セルを結合するGASスクリプト

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Googleスプレッドシートの使い方 » セルを結合するGASスクリプト

「Googleスプレッドシートの使い方」の記事一覧

最近じっくりと読まれている記事

.