Home » Googleスプレッドシートの使い方 » シートを移動するGoogle Apps Scriptスクリプト

シートを移動するGoogle Apps Scriptスクリプト

対象:Googleスプレッドシート & Google Apps Script

「move シート google apps script」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Googleスプレッドシートで、シートを移動するスクリプトを探している方による検索でしょうか。

[スポンサード リンク]

アクティブシートを先頭・一番左に移動するサンプルスクリプト

以下のようなスクリプトでアクティブなシートを、先頭(一番左)に移動できます。


function move_sheet_to_first(){

 SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().moveActiveSheet(1);

}

getActiveSpreadsheetメソッドでアクティブなSpreadsheetを取得して、Spreadsheet.moveActiveSheetメソッドの引数に「1」を指定することで、アクティブなシートを先頭に移動しています。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)でアクティブなシートを先頭に移動する場合、
 ActiveSheet.Move Before:=Sheets(1)
といった書き方をします。

シートを表すWorksheetオブジェクトやChartオブジェクトに、シートを移動するMoveメソッドが用意されているわけですが、Googleスプレッドシートの場合は、Excelのブック・ファイルを表わすWorkbookオブジェクトに該当するSpreadsheetクラスにmoveActiveSheetメソッドが用意されている点が興味深いです。

アクティブシートを最後尾・一番右に移動するサンプルスクリプト

以下のようなスクリプトでアクティブなシートを、最後尾(一番右)に移動できます。


function move_sheet_to_end(){

 var bk = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
 var cnt = bk.getNumSheets();

 bk.moveActiveSheet(cnt);

}

シートの枚数を取得しておいてから、
 var cnt = bk.getNumSheets();

シート枚数をSpreadsheet.moveActiveSheetメソッドの引数に指定することで、
 bk.moveActiveSheet(cnt);

最後尾に移動を行っています。

Home » Googleスプレッドシートの使い方 » シートを移動するGoogle Apps Scriptスクリプト

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Googleスプレッドシートの使い方 » シートを移動するGoogle Apps Scriptスクリプト

「Googleスプレッドシートの使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.