Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Rangeオブジェクト » VBAでエラーセルを取得する

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excelvba エラーセル検索」
「excelvba エラーセルを見つける方法」
「エクセル2007 vba エラーセル 探す」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

ワークシート上でエラーの表示されているセルを取得するには、Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索です。

[スポンサード リンク]

エラーセルを選択するサンプルマクロ

以下のようなSubプロシージャで、エラーになっているセルだけを選択できます。


Sub エラーセルを選択する()
 Dim rng As Range

 On Error Resume Next
 Set rng = Cells.SpecialCells(xlCellTypeFormulas, xlErrors)
 On Error GoTo 0

 If rng Is Nothing Then
  MsgBox "エラーのセルはありません。"
 Else
  rng.Select
 End If
End Sub

サンプルマクロの解説

エラーになっているセルを取得しているのは、
  Set rng = Cells.SpecialCells(xlCellTypeFormulas, xlErrors)
の部分です。

RangeオブジェクトのSpecialCellsメソッドの引数に、xlCellTypeFormulas,とxlErrorsを指定しています。

エラーのセルが存在しないときに、
  Set rng = Cells.SpecialCells(xlCellTypeFormulas, xlErrors)
が実行されると、実行時エラーが発生してしまいますから直前で、
  On Error Resume Next
として、オブジェクト変数・rngが初期値Nothingのままかどうかを調べています。
  If rng Is Nothing Then

▼オブジェクトブラウザーの使い方と共に、VBAのオブジェクト式の文法・オブジェクト変数について解説する、マクロ経験者向けセミナー『Excel VBA講座 オブジェクト式解説編』の開催時に、案内を希望される方はメールアドレスをご登録ください。
オブジェクト式解説編

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Rangeオブジェクト » VBAでエラーセルを取得する

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Rangeオブジェクト » VBAでエラーセルを取得する

「Rangeオブジェクト」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.