Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel 2010・2013の、カメラ機能と同じコマンド=リンクされた図

Excel 2010・2013の、カメラ機能と同じコマンド=リンクされた図

対象:Excel2010, Excel2013

Excel 2013・2010の、カメラ機能と同じコマンド=リンクされた図

Excel 2013で、列幅の異なる表を上下に並べたり、サイズの異なる表を1枚のシートにまとめたりするのに便利な、[カメラ]ボタンを作成する方法をご紹介しました。

そもそも、この[カメラ]ボタンは[図のリンク貼り付け]というコマンドを便利に使うためのものでした。

2003までのExcelでは[図のリンク貼り付け]コマンドが[Shift]キーを押しながらメニューをクリックすると表示される隠しコマンドになっていたために、知られることになったボタンです。

[スポンサード リンク]

2007以降のExcelでは、[図のリンク貼り付け]コマンドは、隠しコマンドではなく、リボンから実行することができるようになっています。


▼操作概要:図のリンク貼り付けを行う
図のリンク貼り付けを行いたい元の表を選択
 ↓
[Ctrl]+[C]などでコピーを実行
 ↓
[ホーム]タブ
 -[クリップボード]グループ
  -[貼り付け][▼]
   -[その他の貼り付けオプション]
    -[リンクされた図]をクリックする

[ホーム]タブ-[クリップボード]グループ-[貼り付け][▼]-[その他の貼り付けオプション]-[リンクされた図]は下図のボタンです。アイコンだけだとわかりづらいかもしれませんが、ポップヒントを参考にしてください。

Excel 2013・2010の、カメラ機能と同じコマンド=リンクされた図

[リンクされた図]コマンドは、セル範囲をコピーしてからいずれかのセルで右クリックして表示されるショートカットメニューや、

Excel 2013・2010の、カメラ機能と同じコマンド=リンクされた図

貼り付けを実行したあとの[貼り付けオプション]ボタンの中にも存在しています。

Excel 2013・2010の、カメラ機能と同じコマンド=リンクされた図

Excel 2007の場合、[図のリンク貼り付け]コマンドが、[ホーム]タブ−[クリップボード]グループ−[貼り付け][▼]ボタン−[図]内に用意されています。(ショートカットメニューやオプションボタン内にはありません。)

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel 2010・2013の、カメラ機能と同じコマンド=リンクされた図

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel 2010・2013の、カメラ機能と同じコマンド=リンクされた図

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.