Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel 2010・2013で連続データの作成は?

対象:Excel2010, Excel2013

「エクセル 2013 連続データ」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

連番や日付などの、何らかの連続するデータをExcelに入力する場合、データ量が多くなければオートフィルを利用するのが便利です。

しかし、大量の連続データを作成するときに、オートフィルのドラッグでは非常に面倒です。

そんなときに[連続データ]ダイアログを使った操作はとても便利です。

[スポンサード リンク]

連続データの作成はホームタブの右のほう

その[連続データ]ダイアログを表示する[連続データの作成]コマンドが、Excel 2013でどこにあるのか探している方による検索でしょうか。


▼操作方法:連続データダイアログを表示する
[ホーム]タブ
 −[編集]グループ
  −[フィル]
   −[連続データの作成]をクリックする

[ホーム]タブ−[編集]グループ−[フィル]−[連続データの作成]はExcel 2013の場合、下図のような場所に、

Excel 2010・2013で連続データの作成は?

見た目の少々異なるExcel 2010の場合は下図のような場所にあります。

Excel 2010・2013で連続データの作成は?

連続データダイアログの使い方は2003までと同じ

[ホーム]タブ−[編集]グループ−[フィル]−[連続データの作成]をクリックして表示される[連続データ]ダイアログの使い方は、2003までのExcelと同じです。

例えば、A1セルに「1」と入力された状態で下図のように、[範囲]を「列」、種類を「加算」、増分値を「1」、停止値を「10000」と指定して[OK]ボタンをクリックすると「1」から「10000」までの連続データがA1:A10000セルに作成されます。

Excel 2010・2013で連続データの作成は?

[スポンサード リンク]

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel 2010・2013で連続データの作成は?

[スポンサード リンク]

TrackBack:1

TrackBack URL
可視セルだけに連番を振る from インストラクターのネタ帳
エクセルで、可視セル(見えているセル)にだけ連番を振る操作をご紹介しています。

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel 2010・2013で連続データの作成は?

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

最近じっくりと読まれている記事

.