Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » PowerPoint 2013で表の行を挿入する

操作対象:PowerPoint2013

PowerPoint 2013で表の行を挿入する

「powerpoint2013 表の行追加」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。PowerPoint 2013で、表に行を追加する方法を探している方による検索です。

Office 2013は、タッチ操作でかなりのことをできるようになっています。そのことに起因する検索かもしれません。

PowerPoint 2010・2007の場合、表内で右クリックすると表示されるショートカットメニューの[挿入]から行や列を挿入できます。(下図はPowerPoint 2010の表内で右クリックしたときのショートカットメニューです)

PowerPoint 2013で表の行を挿入する

しかし下図のように、PowerPoint 2013のショートカットメニューには、そういうコマンドは存在しません。

PowerPoint 2013で表の行を挿入する

[スポンサード リンク]

PowerPoint 2013で、表の行挿入は以下の操作で行うことができます。


▼操作方法:表に行を挿入する
表内で右クリックして表示されるミニツールバーの
 [挿入]-[上に行を挿入][下に行を挿入]をクリックする

PowerPoint 2013では、ショートカットメニューから[挿入]コマンドがなくなり、ミニツールバーに[挿入]コマンドが配置されています。

PowerPoint 2013で表の行を挿入する

Office 2013はタッチ操作で多くのことをしやすくした結果、ミニツールバーがOffice 2010より拡充されています。

表の行挿入も、このタッチ操作対応の影響を受けたコマンドと考えられます。

下図はPowerpoint 2013の表内をタッチ操作して表示されたミニツールバーです。[挿入]コマンドが存在していてタッチ操作の場合、これは確かに便利そうです。

PowerPoint 2013で表の行を挿入する

ショートカットメニューの表示を、マウスの右クリックで行う場合にはミニツールバーが表示されるので大きな問題はないはずです。しかし、キーボード操作でショートカットメニューを表示する場合、ミニツールバーが表示されないので、戸惑ってしまう方はいらっしゃるでしょう。

今後、このあたりがどう対応されていくのか、注目しておきたいです。

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » PowerPoint 2013で表の行を挿入する

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » PowerPoint 2013で表の行を挿入する

「Office 2013(オフィス2013)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.