Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Excel 2013でゼロ値の表示設定は?

対象:Excel2013

Excel 2013でゼロ値の表示設定は

ゼロ値の表示設定に関する記事は、このサイト・インストラクターのネタ帳で、アクセスの多い記事の一つです。

ゼロ値の表示設定とは、値が「0」(ゼロ)の場合に、セルに「0」を表示するかどうかの設定です。

Excel 2003なら、メニュー[ツール]−[オプション]をクリックして表示できる[オプション]ダイアログ−[表示]タブの[ウィンドウオプション]欄−[ゼロ値]チェックをOffにすることで、ワークシート上のゼロ値を一括して非表示にできます。

[スポンサード リンク]

2003までのExcelから、Excel 2013に乗り換えた方は、この設定をどこで行うのか戸惑ってしまう可能性がありますので、設定方法をご紹介しておきます。


▼操作概要:ゼロ値を表示しないようにする
[Excelのオプション]ダイアログ
 −[詳細設定]
  -[次のシートで作業するときの表示設定]欄
−[ゼロ値のセルにゼロを表示する]チェックボックスをOffにする

[次のシートで作業するときの表示設定]欄−[ゼロ値のセルにゼロを表示する]チェックボックスは、下図のような位置にあります。

Excel 2013でゼロ値の表示設定は

[Excelのオプション]ダイアログは、アクセスキー[Alt]→[T]→[O]か、[ファイル]タブ-[オプション]から表示してください。

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Excel 2013でゼロ値の表示設定は?

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:1

TrackBack URL
Googleスプレッドシートでは空白セル参照時に0が表示されないのでExcelより便利かも from インストラクターのネタ帳
Excel(エクセル)では空白セル参照時に「0」が表示されるのが仕様ですが、Googleスプレッドシートの場合は参照しているセルにデータが入力されていなけ...

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Excel 2013でゼロ値の表示設定は?

「Office 2013(オフィス2013)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.