Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Office 2013でオートシェイプ・図形はどこに?

Office 2013でオートシェイプ・図形はどこに?

対象:Word2013, Excel2013, PowerPoint2013

2003以前のOfficeから、Office 2013に乗り換えた方は、いろいろなところに戸惑う可能性があります。

ファイルフォーマットの違い、デフォルトの保存先の違い、UIの違いなどです。

UIの違いに起因して、オートシェイプを挿入するコマンドの場所をOffice 2013で探してしまう人は、少なくないはずです。

Office2013でオートシェイプ・図形はどこに?

2003以前のOfficeでは、上図のような[図形描画]ツールバー-[オートシェイプ]ボタンからオートシェイプの挿入を行っていた方が多いでしょう。

Office 2007からはリボンUIが採用され、2003までのメニューバー・ツールバーはなくなっています。当然、2003までのOfficeに存在していた[図形描画]ツールバーも、ありません。

[スポンサード リンク]

2007以降はオートシェイプではなく図形

ですから2003以前のOfficeからOffice 2013に乗り換えた方の中にはオートシェイプを挿入しようとして戸惑ってしまう方がいらっしゃるはずですが、Office 2013でオートシェイプコマンドがどこにあるのかを知る前に、用語の変更について知っておく必要があります。

Office 2013では[オートシェイプ]という用語は使われていないのです。

2007以降のOfficeでは、オートシェイプとは呼ばず、[図形]と呼ぶようになっています。

Office2013で図形を挿入する

で、Office 2013では以下の手順で図形(オートシェイプ)を挿入することができます。


▼操作手順:図形(オートシェイプ)を挿入する
[挿入]タブ
 −[図]グループ
  −[図形]ボタンをクリックして挿入したい図形を選択後
    図形を挿入したい箇所でドラッグする

ウィンドウの横幅を1366px程度にしたとき、[挿入]タブの[図形]ボタンは、それぞれ下図のようになります。

Word 2013の場合

Office2013でオートシェイプ・図形はどこに?

Excel 2013の場合

Office2013でオートシェイプ・図形はどこに?

PowerPoint 2013の場合

Office2013でオートシェイプ・図形はどこに?

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Office 2013でオートシェイプ・図形はどこに?

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:1

TrackBack URL
Office 2013でオートシェイプ・図形の種類を変更する from インストラクターのネタ帳
Microsoft Office(オフィス)2013で、作成済みの図形(オートシェイプ)の種類・形状を変更するには、図形を選択すると表示される描画ツール-...

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Office 2013でオートシェイプ・図形はどこに?

「Office 2013(オフィス2013)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.