Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 復興特別所得税を源泉徴収した支払額から報酬額を割り戻し計算する

復興特別所得税を源泉徴収した支払額から報酬額を割り戻し計算する

[スポンサード リンク]

ゴールシークを使うのではなく、そもそも、逆算する数式を入力しておくというのも一つの方法です。


▼操作方法:税込報酬額を計算する
C2セルに復興特別所得税を含む源泉徴収後の支払額が入力されているときにA2セルに税込報酬額を計算する例

A2セルに
「=INT(C2/(1-10.21%))」
という数式を入力する

A2セルに税込報酬額が入力されているときにC2セルに源泉徴収後支払額を計算するには、
「=A2-INT(A2*10.21%)」
という数式をC2セルに入力するわけです。

つまり、
「C2 = A2 - INT( A2 * 10.21% )」
という数式です。この数式を、A2セルの値を計算するためには
「INT( C2 / ( 1 - 10.21% ) ) = A2」
とすればいいわけです。
(これはExcelの知識ではなく、完全に、中学校の数学の方程式の解き方の話です。)

この左辺がA2セルに入力した
「=INT(C2/(1-10.21%))」
という数式です。

▼サンプルファイル(018221.xls 32KByte)ダウンロード

サンプルファイルのA2:C2セルに上記の例、A6:C18セルには税込報酬額から源泉徴収後支払額を求める早見表が作成してあります。

C2セルの源泉徴収後支払額を変更すると、A2セルに税込報酬額が計算されることなどをご確認ください。

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 復興特別所得税を源泉徴収した支払額から報酬額を割り戻し計算する

トラックバック:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 復興特別所得税を源泉徴収した支払額から報酬額を割り戻し計算する

「Excel(エクセル)の関数・数式の使い方」の記事一覧

検索

このページの上部へジャンプ

.