Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » PowerPoint 2013でアウトライン表示とサムネイル表示を簡単に切り替える

PowerPoint 2013でアウトライン表示とサムネイル表示を簡単に切り替える

対象:PowerPoint2013

PowerPointでアウトライン表示をよく利用していた人は、PowerPoint 2013を利用しはじめたときにちょっと戸惑うかもしれません。

下図のように、ウィンドウ左側のサムネイル表示部分にタブがなくなったためです。

PowerPoint 2013でアウトライン表示とサムネイル表示を簡単に切り替える

2010までのPowerPointの場合、下図のようにウィンドウ左のスライドがサムネイル表示されている部分にはタブが存在していて、アウトラインとスライドのサムネイル表示を切り替えられるようになっていました。

PowerPoint 2013でアウトライン表示とサムネイル表示を簡単に切り替える

これが2013ではなくなっているのです。

[スポンサード リンク]

PowerPoint 2013でアウトライン表示は表示タブからが基本

その代わりと言っては何ですが、[表示]タブ-[プレゼンテーションの表示]グループに[アウトライン表示]ボタンが追加されています。

PowerPoint 2013でアウトライン表示とサムネイル表示を簡単に切り替える

この[表示]タブ-[プレゼンテーションの表示]グループ-[アウトライン表示]ボタンで、アウトラインを表示させることはできます。

PowerPoint 2010の[表示]タブ-[プレゼンテーションの表示]グループにそのようなボタンは存在していません。

PowerPoint 2013でアウトライン表示とサムネイル表示を簡単に切り替える

PowerPoint 2013でアウトライン表示はウィンドウ右下のボタンが便利

[表示]タブ-[プレゼンテーションの表示]グループ-[アウトライン表示]ボタンよりも、もっと簡単にアウトライン表示とサムネイル表示を切り替えることができるようになっていますのでご紹介しておきます。


▼操作方法:アウトライン表示とサムネイル表示を切り替える
ウィンドウ右下の[標準]表示ボタンをクリックまたはタップする

PowerPoint 2007からはウィンドウ右下に、表示状態を変更するコマンドが集められています。

PowerPoint 2013では、この中の[標準]表示ボタンで、アウトライン表示とサムネイル表示が切り替えられるのです。

PowerPoint 2013でアウトライン表示とサムネイル表示を簡単に切り替える

ノート部分が非表示になっていた場合に[標準]表示ボタンを1回クリックすると、まずノートが表示され、もう一度クリックするとアウトライン表示となります。

PowerPoint 2013をお使いでアウトライン表示をよく利用するという方は一度ご確認ください。

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » PowerPoint 2013でアウトライン表示とサムネイル表示を簡単に切り替える

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » PowerPoint 2013でアウトライン表示とサムネイル表示を簡単に切り替える

「Office 2013(オフィス2013)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.