Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Excel 2013のタッチ操作によるオートフィル

Excel 2013のタッチ操作によるオートフィル

対象:Excel2013

Office 2013のタッチ操作の基本をご紹介しました。

Excelユーザーとしては、タッチ操作できるパソコンでExcel 2013を利用するときに、オートフィルができるのだろうかということが気になるでしょう。

データの入力については、タッチ操作よりもキーボードやマウスのほうが便利なのは間違いありません。

[スポンサード リンク]

しかしタッチ操作でもちゃんとオートフィルができるようにExcel 2013は作られています。


▼操作概要:タッチ操作でオートフィルを行う
オートフィルする元のセルでミニツールバーを表示させる
 ↓
ミニツールバーの[オートフィル]ボタンをタップ
 ↓
セルの右下に表示された[オートフィル]アイコンをドラッグ

元のセルを選択しておいてから

Excel 2013のタッチ操作によるオートフィル

○型のハンドルや、選択されたセルを再度タップすると、下図のようなミニツールバーが表示されるので[オートフィル]ボタンをタップすると

Excel 2013のタッチ操作によるオートフィル

下図のような[オートフィル]アイコンが選択されていたセルに表示されるので

Excel 2013のタッチ操作によるオートフィル

ドラッグすればオートフィルができます。

Excel 2013のタッチ操作によるオートフィル

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Excel 2013のタッチ操作によるオートフィル

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Excel 2013のタッチ操作によるオートフィル

「Office 2013(オフィス2013)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.