Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » ショートカットキーCtrl+Oでファイルを開くダイアログを表示

ショートカットキーCtrl+Oでファイルを開くダイアログを表示

対象:Word2013, Excel2013, PowerPoint2013

ファイルを開くにはいろいろな操作方法があります。

ショートカットキー[Ctrl]+[O]を愛用してきた方は、Office 2013を使い始めたときに不満を感じるかもしれません。

2013ではCtlr+OでBackstageが表示

Office 2013では[Ctrl]+[O]キーを押すと、下図のようなBackstageが表示されるためです。

ショートカットキーCtrl+Oでファイルを開くダイアログを表示

[スポンサード リンク]

Backstageからファイルを開くダイアログを表示する

Backstageが表示された状態で、[ファイルを開く]ダイアログを表示するには、下図のように[開く]-[コンピューター]を選択して、[最近使用したフォルダー]から選択するか、表示されていないフォルダのファイルを開くには[参照]ボタンを表示する必要があります。

ショートカットキーCtrl+Oでファイルを開くダイアログを表示

[Ctrl]+[O]キー一発で[ファイルを開く]ダイアログが表示されるのと比べると、明らかに操作が増えています。

Ctrl+Oでファイルを開くダイアログを表示させる

Office 2013で、[Ctrl]+[O]キーを押したときに[ファイルを開く]ダイアログを表示させるには、以下の設定変更を行ってください。


▼操作概要:Ctrl+Oでファイルを開くダイアログが表示されるようにする
[○○のオプション]ダイアログ
 -[保存]
  -[ファイルを開いたり保存したりするときにBackstageを表示しない]
    チェックボックスをOnにする

ショートカットキーCtrl+Oでファイルを開くダイアログを表示

上記の設定変更を行ってやれば、ショートカットキー[Ctrl]+[O]でいきなり[ファイルを開く]ダイアログを表示できるようになりますが、[ファイル]タブをクリック・タップしたり、アクセスキーを利用する場合は、Backstageが表示されます。

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » ショートカットキーCtrl+Oでファイルを開くダイアログを表示

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » ショートカットキーCtrl+Oでファイルを開くダイアログを表示

「Office 2013(オフィス2013)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.