Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Office 2013ではWordもExcelもSDIに

対象:Word2013, Excel2013

Office2013ではWordもExcelもSDIに

Office 2013になって変更になったことはいろいろありますが、WordもExcelもSDI(Single Document Interface)になったことは結構大きい変化だと感じています。

PowerPointは2010のときにSDI化していますが、頑なにMDI(Multi Document Interface)を守ってきたExcelも、MDIとSDIを切り替えることのできたWordもSDIとなりました。

[スポンサード リンク]

複数のディスプレイを使うのことが決して特殊なことではなくなったこと、タブレットPCが今後ますます普及することを考えてのことなのでしょう。

SDI・MDIというのがなんなのかというと、SDIはWindows付属のメモ帳みたいなインターフェース、MDIは2010までのExcelのようなインターフェースです。

SDIは一つのファイルが単独の一つのウィンドウです。Windowsのメモ帳ではファイルを開くごとに新しいウィンドウが開かれます。これがSDIです。

MDIは親ウィンドウがあってファイルを開くと親ウィンドウの中に子ウィンドウが開かれます。2010までのExcelの場合、Excelが起動している状態でxlsxファイルをダブルクリックすると、既に起動しているExcelの中に新しくウィンドウが作られます。これがMDIです。

Excel 2010のときには[Excelのオプション]ダイアログ-[詳細設定]-[表示]欄に[すべてのウィンドウをタスクバーに表示する]チェックボックスがありましたが

Office2013ではWordもExcelもSDIに

Excel 2013の[Excelのオプション]ダイアログ-[詳細設定]-[表示]欄にはそのような項目が見当たりません。

Office2013ではWordもExcelもSDIに

Word 2010とWord 2013でも同じことです。

Word 2010には[Wordのオプション]ダイアログ-[詳細設定]-[表示]欄に[すべてのウィンドウをタスクバーに表示する]チェックボックスがありますが

Office2013ではWordもExcelもSDIに

Word 2013の[Excelのオプション]ダイアログ-[詳細設定]-[表示]欄にはそのような項目が見当たりません。

Office2013ではWordもExcelもSDIに

MDIのときとは使い勝手が違ってくる部分が少なからずあるので、パソコンインストラクターとしては要注意な部分だろうと想像しています。

関連語句
ワード2013ですべてのウインドウをタスクバーに表示するがない, エクセルで全てのウインドウをタスクバーに表示する

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Office 2013ではWordもExcelもSDIに

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:2

TrackBack URL
Office 2013 from 弥生社長の愚直な実践
去る2/7(木)にマイクロソフトのOffice 2013が発売開始となりました。オフィス製品のド定番MS Officeの最新バージョンということになります...
PowerPoint 2013・2010で新しいウィンドウを開くショートカットキー-Ctrl+Shift+N from インストラクターのネタ帳
PowerPoint(パワーポイント)2013・2010では、新しいウィンドウを開く操作をショートカットキーCtrl+Shift+Nで行うことができます。

Home » Office 2013(オフィス2013)の使い方 » Office 2013ではWordもExcelもSDIに

「Office 2013(オフィス2013)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.