Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » 図形を回転するキーボード操作-Alt+←・→

図形を回転するキーボード操作-Alt+←・→

対象:Word2010, Excel2010, PowerPoint2010

図形(オートシェイプ)は、緑色の回転ハンドルをマウスでドラッグすることで、任意の角度で回転させることができます。

図形を回転するキーボード操作

[スポンサード リンク]

これが、Office 2010からは、キーボード操作でも回転できるようになっています。


▼操作方法:図形を回転する
図形が選択された状態で
[Alt]キー+[←]・[→]キーを押す

[Alt]+[←]キーを一回押すと左回りに15度、[Alt]+[→]キーを一回押すと右回りに15度回転します。

Word 2010の場合、互換モードのときは上記の操作でも図形は回転しませんが、2010のモードに変換してやると[Alt]+[←]・[→]キーで図形が回転するようになります

関連語句
キーボードショートカット, ショートカットキー, 短縮キー, Keyboard shortcuts

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » 図形を回転するキーボード操作-Alt+←・→

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » 図形を回転するキーボード操作-Alt+←・→

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.