Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » VBA関数 » 最初の一文字を削除するExcelマクロ-Mid関数

最初の一文字を削除するExcelマクロ-Mid関数

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010

「エクセル 最初の一文字を削除する」
という検索が、このサイト・インストラクターのネタ帳で行われていました。

Excelでデータの整理を行っている方からいただく定番のご質問の一つです。

既に、ワークシート関数の、MID関数・LEN関数を使った方法と、RIGHT関数・LEN関数を使った方法をご紹介しています。

[スポンサード リンク]

もちろん、VBA(Visual Basic for Applications)でマクロを作成しても、一文字目だけを削除することは可能です。


▼選択されたセルの最初の一文字目を削除する

Sub 最初の一文字目を削除する()

 Dim c As Range

 If TypeName(Selection) <> "Range" Then Exit Sub

 For Each c In Selection
  c.Value = Mid(c.Text, 2)
 Next c

End Sub

上記のマクロを実行すると、選択されているセルの先頭の一文字目だけが削除されます。

VBAのMid関数は、文字列から指定した文字数分の文字列を返してくれる関数です。

第3引数を省略した場合、第2引数から後のすべての文字が返されますから
「Mid(c.Text, 2)」
で、一文字目を削除した状態となり、それをRangeオブジェクトのVauleプロパティとして設定しています。
「c.Value = Mid(c.Text, 2)」

関連語句
左からn文字削除したい, 左から1文字削除したい, 前から1文字を削除する方法, 最初の一文字を削除する

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » VBA関数 » 最初の一文字を削除するExcelマクロ-Mid関数

トラックバック:1

TrackBack URL
最初のn文字を削除-区切り位置指定ウィザード from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010 最初のn文字を削除するために、ワークシート関数のMID関数・LEN関数を使う方法、...

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » VBA関数 » 最初の一文字を削除するExcelマクロ-Mid関数

「VBA関数」の記事一覧

検索

このページの上部へジャンプ

.