Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » オブジェクトの選択と表示ウィンドウを表示するショートカットキー-Alt+F10

オブジェクトの選択と表示ウィンドウを表示するショートカットキー-Alt+F10

対象:Word2010, Excel2010, PowerPoint2010

Word 2010
PowerPoint 2007・2010
Excel 2007・2010
の[オブジェクトの選択と表示]コマンドについてご紹介してきました。

[スポンサード リンク]

2007ではダメなのですが、2010では[オブジェクトの選択と表示]ウィンドウの表示・非表示を切り替えるショートカットキーが用意されています。


▼操作方法▼
オブジェクトの選択と表示ウィンドウの表示・非表示を切り替える

[Alt]キー+[F10]キーを押す

Word 2010・Excel 2010・PowerPoint 2010の場合、[オブジェクトの選択と表示]ウィンドウが表示されていない状態で、[Alt]+[F10]キーを押すと[オブジェクトの選択と表示]ウィンドウが表示され、もう一度[Alt]+[F10]キーを押すと非表示になります。

[オブジェクトの選択と表示]ウィンドウをよく使うという場合は、覚えておくと便利だと思います、ショートカットキー[Alt]+[F10]。

関連語句
キーボードショートカット, 短縮キー, Keyboard shortcuts

[スポンサード リンク]

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » オブジェクトの選択と表示ウィンドウを表示するショートカットキー-Alt+F10

[スポンサード リンク]

TrackBack:1

TrackBack URL
Word 2013・2010でオブジェクトの選択と表示がグレーアウトして選択できない from インストラクターのネタ帳
Word(ワード)2010・2013で、オブジェクトの選択と表示コマンドがグレーアウトして選択できない場合の原因と対処方法をご紹介しています。

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » オブジェクトの選択と表示ウィンドウを表示するショートカットキー-Alt+F10

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

最近じっくりと読まれている記事

.