Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel2010で選択範囲をズーム-選択範囲に合わせて拡大/縮小

Excel2010で選択範囲をズーム-選択範囲に合わせて拡大/縮小

対象:Excel2010

このサイト・インストラクターのネタ帳で
「エクセル2010 ズーム 選択範囲」
という検索が行われていました。

2003までのExcelの場合、拡大・縮小表示をしたいセル範囲を選択しておいて、[標準]ツールバー-[ズーム]ボックスから「選択範囲」をクリックすることで、選択箇所全体が表示されます。

[スポンサード リンク]

同様のことをExcel 2010で行う方法を探している方による検索でしょう。


▼操作手順:選択箇所をズーム表示する
シート上で拡大・縮小表示したいセル範囲を選択
 ↓
[表示]タブ
 -[ズーム]グループ
  -[選択範囲に合わせて拡大/縮小]ボタンをクリック

[表示]タブ-[ズーム]グループ-[選択範囲に合わせて拡大/縮小]は下図のボタンです。

[選択範囲に合わせて拡大/縮小]ボタン

頻繁に使うようであれば、クイックアクセスツールバー(QAT)に登録しておくと、もっと便利に使えます。

[選択範囲に合わせて拡大/縮小]ボタンのQATへの登録は、パソコンインストラクターな方には必須でしょう。

[スポンサード リンク]

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel2010で選択範囲をズーム-選択範囲に合わせて拡大/縮小

[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel2010で選択範囲をズーム-選択範囲に合わせて拡大/縮小

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

最近じっくりと読まれている記事

.