Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » スクロール範囲を固定する-ScrollArea

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010

Excelで業務用のワークシートを作成していると、いろいろな要望が出てきます。

ワークシート上で、ユーザーが操作できる範囲を限定したい、固定したいという要望もその一つです。

[スポンサード リンク]

VBA(Visual Basic for Applications)を使えるのなら、ScrollAreaプロパティを設定するというのが一つの方法です。


▼スクロールできる範囲を固定するAUTO_OPENマクロ
※ワークシートSeet1のスクロール範囲をA1:G20セルに固定する例

Sub AUTO_OPEN()

 Worksheets("Sheet1").ScrollArea = "A1:G20"

End Sub

上記のようなコードでスクロール範囲が固定されます。

AUTO_OPENマクロは、そのExcelファイルが開かれたときに、自動的に実行されるマクロです。

Excelファイルを開いたときに実行されるマクロで、「Sheet1」ワークシートの「ScrollArea」プロパティを「A1:G20」に設定することで、Sheet1ではスクロール範囲がA1:G20セルに固定されます。

固定されたスクロール範囲を解除するには、
「Worksheets("Sheet1").ScrollArea = ""」
というコードを実行してください。

▼サンプルファイル(013864.xls 40KByte)ダウンロード

サンプルファイルには
「Sheet1」のスクロール範囲を「A1:G20」セル
「Sheet2」のスクロール範囲を「G20:H100」セル
にそれぞれ固定する「AUTO_OPEN」マクロと、スクロール範囲を解除する「Sheet1のスクロール範囲解除」「Sheet2のスクロール範囲解除」マクロを、「Module1」モジュールに作成してあります。

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » スクロール範囲を固定する-ScrollArea

[スポンサード リンク]

トラックバック:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » スクロール範囲を固定する-ScrollArea

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索

このページの上部へ戻る

.