Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » PowerPoint2010のセクションが便利

対象:PowerPoint2010

PowerPointで、大量のスライドが含まれているプレゼンテーション資料を作成する場合に、2007までは結構大変でした。

ある一枚のスライドを修正しようという場合に、大量のスライドから目的のスライドを目視で探すのに苦労した経験のある方は、少なくないと思います。

これが、PowerPoint 2010から導入された[セクション]によって、随分改善されました。

[スポンサード リンク]

セクション関連のコマンドは、[ホーム]タブ-[スライド]グループ-[セクション]ボタン内に用意されています。

PowerPoint2010のセクションが便利

PowerPoint2010のセクションが便利

[スライド]タブで右クリックしてもセクションを追加できます。

PowerPoint2010のセクションが便利

セクション追加後は、[ホーム]タブ-[スライド]グループ-[セクション]ボタンや、[スライド]タブで右クリックして

PowerPoint2010のセクションが便利

セクション名の変更、すべてのセクションの折りたたみや展開などができるようになります。

[スライド]タブのセクション名の部分をダブルクリックしたり、セクション名の前に表示されている三角形のアイコンをクリックすると、そのセクションの折りたたみや展開ができます。

大量のスライドの含まれるプレゼンテーションファイルをよく作成するという方には、是非お試しいただきたい機能です。

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » PowerPoint2010のセクションが便利

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:2

TrackBack URL
アウトラインタブとスライドタブを切り替えるショートカットキー-Ctrl+Shift+Tabキー from インストラクターのネタ帳
対象:PowerPoint2003, PowerPoint2007, PowerPoint2010 PowerPoint 2010から実装されたセクショ...
セクション名一覧を取得するPowerPoint2010マクロ from インストラクターのネタ帳
対象:PowerPoint2010 PowerPoint 2010のセクションについてご紹介しました。 便利な機能なのですが、新しく追加されたばかりであ...

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » PowerPoint2010のセクションが便利

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.