Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Word2010で表の改ページ設定−表のプロパティ-行

Word2010で表の改ページ設定−表のプロパティ-行

対象:Word2010

「ワード2010 表 改ページ」
という検索が行われていました。

Word 2010で表を作成したときの、改ページ設定について探している方による検索でしょう。

Wordで複数ページにまたがるような大きな表を作成すると、基本的には行単位で改ページが行われます。

そのため、行のサイズと改ページ位置によっては、妙に余白の多いページができてしまうことがあります。

その解決方法を探している方による検索ではないかと思います。

[スポンサード リンク]

表の改ページ位置によって、変な空白の多いページができてしまう場合、以下の操作をしてみてはいかがでしょう。


▼操作手順:表の行の途中で改ページが行われるようにする
表全体を選択
 ↓
[表ツール]
 −[レイアウト]タブ
  −[表]グループ
   −[プロパティ]をクリック
 ↓
[表のプロパティ]ダイアログ
 −[行]タブをクリック
 ↓
[行の途中で改ページする]チェックボックスをOnに
 ↓
[表のプロパティ]ダイアログ
 −[OK]ボタンをクリック

上記の設定変更を行った表では、どの行でも行の途中で改ページが行われるようになります。

行の途中で改ページしたいという場合、その表のどこでも行の途中で改ページしたいと思うことのほうが多いでしょうから、上記の操作では最初に表全体を選択しています。

もし、表の一部の行だけ、行の途中で改ページしたいのであれば、その行にカーソルのある状態で[表のプロパティ]ダイアログを表示して、[行]タブ[行の途中で改ページする]チェックボックスをOnにしてください。

[表ツール]−[レイアウト]タブ−[表]グループ−[プロパティ]は下図のような場所にあります。

Word2010で表の改ページ設定

Word 2007までの操作で既にご紹介しているように、表内で右クリックして表示されるショートカットメニューから[表のプロパティ]を選択してもOKです。

[スポンサード リンク]

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Word2010で表の改ページ設定−表のプロパティ-行

[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Word2010で表の改ページ設定−表のプロパティ-行

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

最近じっくりと読まれている記事

.