Home » Word(ワード)の使い方 » 複数バージョンのWord混在時の起動を速くする

複数バージョンのWord混在時の起動を速くする

対象:Word2002, Word2003, Word2007, Word2010

パソコンインストラクターな方だと、動作検証などのために、一つのパソコンに複数のバージョンのアプリケーションをインストールしていることがあります。

そんな場合に複数バージョンが混在していることに起因する、固有の現象が発生することもあります。

Microsoft Office関連でよく見かけるのは、複数のバージョンのWordがインストールされているときの現象でしょうか。

さっきまで使っていたのと別のバージョンのWordを起動しようとすると、Wordの起動に時間がすごくかってしまうのです。

[スポンサード リンク]

そんなときの対応方法が、Microsoftの「マイクロソフトサポートオンライン」の
2007 Office スイートおよび 2007 Office プログラムを、他のバージョンの Office を実行しているコンピューターで使用する方法(KB:928091)
という文書の中で紹介されていますので、このサイトでもご紹介しておきます。

ただしこの文書の中で
「自動登録を行わないと Word が正しく機能しなくなる可能性があるため、この方法を使用することは推奨できません。」
という記述があるとおり、設定する場合はあくまでも自己責任でお願いします。


▼操作手順:Wordの自動登録機能を無効にする
レジストリエディタを起動
 ↓
レジストリエディタで
「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\バージョン番号\Word\Options」
キーを選択
 ↓
レジストリエディタの
 メニュー[編集]−[新規]−[DWORD値]をクリック
 ↓
追加されたキーの名前を「NoReReg」に変更
 ↓
[NoReReg]を右クリックして
 表示されたショートカットメニューの[修正]をクリック
 ↓
[DWORD値の編集]ダイアログ
 −[値のデータ]欄に「1」と入力
 ↓
[DWORD値の編集]ダイアログ
 −[OK] をクリック
 ↓
レジストリエディタを終了

「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\バージョン番号\Word\Options」
の実際のバージョン番号は、
 Word 2002は「10.0」
 Word 2003は「11.0」
 Word 2007は「12.0」
 Word 2010は「14.0」
です。

しつこいようですが、この設定を行う場合には、よく注意して、あくまでも自己責任でお願いします。

Home » Word(ワード)の使い方 » 複数バージョンのWord混在時の起動を速くする

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Word(ワード)の使い方 » 複数バージョンのWord混在時の起動を速くする

「Word(ワード)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.