Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel2010で自動エラーチェックを解除する

Excel2010で自動エラーチェックを解除する

対象:Excel2010

このサイト・インストラクターのネタ帳で
「Office 2010 Excel 自動エラーチェック解除」
という検索が行われていました。

[スポンサード リンク]

Excelの定番のニーズ、自動エラーチェックを解除する方法を探している方による検索です。


▼操作方法:自動エラーチェック機能を解除する
[ファイル]タブ
 −[オプション]をクリック
 ↓
[Excelのオプション]ダイアログ
 −[数式]をクリック
 ↓
[エラーチェック]欄
 −[バックグラウンドでエラーチェックを行う]チェックボックスをOffに
 ↓
[Excelのオプション]ダイアログ
 −[OK]ボタンをクリック

[Excelのオプション]ダイアログ−[数式]−[エラーチェック]欄−[バックグラウンドでエラーチェックを行う]チェックボックスは下図のような場所にあります。

Excel2010で自動エラーチェックを解除する

上記の操作が、[ファイル]タブから[Excelのオプション]ダイアログを表示するという、いわが教科書的な設定変更手順ですが、他の方法でも自動エラーチェックを解除できます。

下図のような、自動エラーチェックが行われたときに表示される[エラーチェックオプション]ボタンをクリックして表示されるメニューの中から、

Excel2010で自動エラーチェックを解除する

[エラーチェックオプション]をクリックしても、[数式]が選択された状態で、[Excelのオプション]ダイアログが表示されます。

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel2010で自動エラーチェックを解除する

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel2010で自動エラーチェックを解除する

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.